仕事に恋に疲れたら……。今こそ立ち止まって向き合いたい!モヤモヤとの別れ方

30年ほど生きていると「なんだか人生が停滞しているような気がする……(モヤモヤ)」なんて、気持ちが落ち込んでしまうこともありますよね。安心してください。そう思うのは、あなただけではありません。仕事にプライベートに忙しい30代は、ライフスタイルの変化がとくに顕著で、不安を感じてしまうことも少なくありません。そんなときは、いったん立ち止まってみましょう。今回は、悩めるアラサー女性に向けた、モヤモヤとの別れ方をご紹介。人生がうまくいかないときこそ、自分自身と向き合ってみることが大切です。

lifestyle

1.休んでみる勇気を持つ


大切な人とのお別れだったり、大好きな仕事を失ってしまったり。人生の流れが逆風でつらい……そんな風に感じてしまうこともあると思います。これがいくつも重なってしまったときは、あなたがどこかで無理していたサインかもしれません。体や心の声を聞かずに突っ走っていると、必ず人生にストップがかかるようになっています。もし、ちょっと疲れたな……と思ったら、それは神様からいただいた休暇。思い切って休んでみましょう。

2.自分の本音を聞いてあげよう


人生が滞りやすいときの特徴として、「自分の意見をハッキリ言えていないこと」があります。職場の人や、家族、恋人、友達。どこか遠慮して言えないことが溜まっていく……知らず知らずのうちに、不満が爆発してしまうなんてことも。心の中にドス黒い感情が渦巻いてもいいのです。人間ですから。そんな自分を許してあげましょう。自分の本音は、一番に自分が聞いてあげること。自分に優しくしてあげること。自分に愛をもって接してあげることで、周りの環境が良くなっていき、自然と人生がスムーズに進んでいくものです。

3.転機はチャンスとして考える


突然の強制終了や大きな変化は、人生の中で何度か訪れるもの。そんなときに執着したり、無理にその流れを変えたりしようすると、かえって状況が悪化することも。せっかくなら、この転機をチャンスとして捉えて、人生設計をもう一度見直してみませんか? なりたい自分、やりたいこと、やりたくないこと、好きなこと、嫌いなこと……自分の思うことすべてを紙に書き出してみましょう。見えなかった本音を視覚化することで、気持ちがスッキリします。書いていくうちに、また別の新しい道が見えてくることも。何も見えないときは、心が疲れ切っているときなので、1に戻っていったん休憩!

4.ありのまま、流れていく自分を愛そう


30歳を過ぎてから仕事や友達、パートナー、環境そのものが変わることで、自信を失ってしまうこともあると思います。「自分はダメな人間なんだ」なんて思わないでください。人生において全く変化がないことは停滞を意味します。変化は、自然の流れなのです。変わっていく自分や、周りを受け入れていくことから始めましょう。たとえそのとき離れても、時間が経過したらまた向き合えることもあります。流れのままに生きる自分を、その変化すらも楽しんでしまえば、然るべきタイミングで幸運のほうから近づいてくるはず。

最後に。


人生にはいくつもの出会いと別れがあり、無性に寂しくなってしまう夜もあるでしょう。「ドン底でどうしたらいいか分からない」そんなときは、決してポジティブになる必要はありません。ネガティブになってしまうときは、とことんその感情に浸ってください。抱いた感情をしっかり感じ切ることで、吹っ切れる瞬間が必ず訪れます。焦らずゆっくり自分と向き合い、そのときを待ちましょう。

働くアラサー女性を応援するwebメディア
【LiBzLIFE】(リブズライフ)