会議室で大丈夫!?どんな時でも気にしたい、口臭のいろいろと予防法

「口臭」 いろんな体臭の中でも、絶対に避けたい臭いです。一口に口臭といっても、ニンニクのような臭いがキツイものを食べた時の一時的なものから、胃腸不良による体内的なもの、そして口腔内の問題から臭うもの、と種類は様々です。大人の口腔内は、歯磨きだけでは防げない「口臭」がある場合も。口臭って、電車内や会議室など密閉された状況で全体的に臭ってくるほどの強力さがあります。女性として絶対避けたい「口臭」。今回は、誰もが気になるであろう「口臭」の原因や対策についてお伝えいたします。

beauty

虫歯の臭いと歯周病菌の臭いの違い

虫歯がある際の口臭と、歯周病菌による口臭には違いがあります。

大きな虫歯で歯の神経が炎症を起こして膿を持っているような場合の口臭も臭いは違います。虫歯菌の臭いは、例えるなら少し甘いような、汗をかいた子供のような臭いです。

shutterstock_431221357

あまり遠くまで臭ってくることはありません。逆に、室内に籠るような臭いで、離れていても口臭を感じるような臭いは「歯周病菌」の臭いが多めです。この歯周病菌、とっても厄介なのです。虫歯の場合は治療をしてしまえば独特の臭いはなくなりますが、歯周病菌は長い付き合いになってしまいがちな菌。

この菌を放置しておくと、どんなに歯を磨いても口臭が発生する原因になります。

歯周病菌による口臭を改善したいなら

「歯周病」
最近はTVCMなどでも良く聞きますが、どんな病気なのでしょうか? 簡単にいえば、歯を支えている「歯ぐき」や「歯槽骨」が弱くなっていく病気で、歯そのものは健康なのに噛みしめる力が弱くなったり、グラグラと勝手に抜けてしまう病気です。歯を支える土台が弱くなっていってしまうのでひどい歯周病の場合はインプラント治療なども制限があり、入れ歯になることが多くなります。

この「歯周病菌」を防ぐ、もしくは、撃退するには「口腔内の清潔」が一番。

4637e83695bde9147d923495efdcc788_s

「食後の歯磨きなら毎日しているよ」という方もいらっしゃると思いますが、歯だけを磨くのではなく、歯ぐきと歯の境目をマッサージしながら磨くのがポイント。虫歯はなくても定期的に歯科医院へ行って、歯石などを除去することも大切です。

歯間ブラシや糸ようじみたいなものを使用している方も多いと思いますが、そういったもので取れるのは「歯垢」という柔らかいものだけ。歯垢は虫歯菌のエサといっても過言ではなく「細菌のかたまり」ですのでもちろんない方がいいのですが、歯の裏側に付着した歯石は歯科医院でなければ除去できません。

shutterstock_422132995

「毎食後歯磨きしているのに口臭を感じる」というときは、歯周病にかかっていたり歯石の付着が多い場合も。歯科医院での定期検診をおすすめします。

口臭を感じやすい瞬間がある

歯磨きもしている、歯科医院へ定期検査も行っている、それでも「口臭を感じる」。そんな方は、口腔内の乾燥が原因かもしれません。口臭は、起床時、緊張時、空腹時、ぼーっとしている時、など口腔内の乾燥が進んで唾液が少なくなると「生理的口臭」といって唾液が減少したことによって細菌が増殖し臭いやすくなるのです。

「ぼーっとしている時についつい口が空いている」そんな方は要注意ですね。

口を閉じることや、水やガムなどで口腔内の唾液を増やすと口臭を感じる瞬間が少なくなる場合もあります。

内臓疾患による口臭

胃腸が弱っている場合や、耳鼻咽頭に炎症がある場合など、口臭の原因は口腔内だけではありまえん。「なんか臭う」と感じたからといって、歯磨きだけを必死に行っても臭いが消えないと感じる場合は、歯科医院へ相談するのが一番です。人の身体は上から下まで全て繋がっています。「臭わない口」を目指すなら、自分の身体を大切にすることが一番の近道ですよ。