残業続きでまつ毛メンテナンスに行けなそう……救世主は「つけまつげ」です!

綺麗にマツエクを付け続ける為には、定期的なメンテナンスが一番です。しかし仕事が忙しいと、なかなかサロンに行く時間をつくれないのが現実。 バラバラ・スカスカになってしまったまつ毛を気にしながら、生活を続けるのも苦痛です……。そんなときの救世主は「付けまつ毛」。 次にサロンへ行くまでの間、綺麗でいる為の上手な「付けまつ毛」付け方を紹介したいと思います。

fashion

エクステユーザーの救世主は「下まつ毛」

仕事が繁忙期になり、なかなかエクステのメンテナンスに行けないとき……。
そんな時のお役立ちアイテムはズバリ「付けまつ毛」、さらにいえば「下まつ毛」なんです。

IMG_3761

では何故「下まつ毛」なのでしょうか?
それは、自然なボリュームに整えてくれるから。まばらになっているとはいえ、そこに普通につけまつ毛を加えると、ボリューム感が出すぎて次にエクステを付けた時物足りなさを感じてしまうのです。
そこで「下まつ毛」を使えば程よい隙間感と毛量でエクステの付けたてとまではいきませんが、次にサロンに行くまでの間をしのぐのには充分と言えます。

付けまつ毛は真っ直ぐ付けないで

まずは基本的な付け方のご紹介から。最近市販されている付けまつ毛は、より自然に見えるよう目の幅より少し短めに作られている物が多くなりました。一度そのまま付けてみて、違和感があるようなら自分の目幅にあっていない可能性があるので調節します。

自然な長さの測り方は目尻から付け始め黒目の中心より少し目頭側までがベスト!

shutterstock_406897960

それより長くなるようなら一度取り、長い分だけ目尻をカットします。目頭側をカットしがちですが、そちらをカットしてしまうと自まつげと馴染まなくなるので気を付けましょう。

e94c731f57e91fcab5bf0d35e01e623f_s

次は、装着です。
まつ毛を付ける時は、片目を閉じて付けるのが通常。その時に、まぶたに対して垂直に付けていませんか?
そうすると目を開けた時に、まつ毛の毛先が上に向きすぎてしまいます。上がりすぎているまつ毛は、ちょっと不自然な印象に。付けまつ毛を自然につけるコツは「少し下向きに付ける」こと。
下向きに付けることで目を開けた時、自然な角度になります。

メイク道具を使って、カラーエクステができます

カラーエクステってとっても素敵で、エクステを付けている人なら1度くらいは付けてみたいと思う人も多いはず。しかしエクステは1度付けると3週間〜1ヶ月くらいは取る事が出来ません。グリーンやブルーまたは目元の印象を柔らかく見せる為にブラウンなど、ビジネスシーンにピッタリな物もありますが、それも許されないお仕事の場合お休みの日にちょっとだけカラーエクステを付けられたら楽しいですね!
そんな時も付けまつ毛を賢く使いましょう。

1d42d33ccd770453962050b4ec83104e_s

作り方は簡単。
まずは、付けまつ毛を用意します。この場合も「下まつ毛」がよいでしょう。
①この付けまつ毛の毛先に透明のマスカラをダマにならないよう少しだけ塗ります。
②乾く前にお好みのアイシャドウをほんの少し付けます。(※全体に付けるとカラーが目立ちすぎて目の印象が薄くなってしまうのでカールの半分から毛先に少しだけ塗るようにしましょう!)
この方法で創れば、お湯で洗い流せばすぐににアイシャドウが取れるのでまた違うカラーを楽しむ事ができますよ!

IMG_3753

本当はきちんと定期的にメンテナンスをする事が望ましい、まつ毛エクステ。
ただ、サロンの予約に振り回されて仕事やプライベートが回らなくなるのは困りますね。そんな時は「付け下まつ毛」を活用して、自信をもてる目元に仕上げてください。