上質女子をコートで演出。いつものコートをワンランクアップさせるデイリーケア

昨年はグレーのチェスターが流行、今年はどんなコートにしようかな? 秋冬物といえば、ウール、そしてニットが多くなります。鞄とのこすれで、毛玉ができてしまったり、のびていたり……。大人の女性としては、いつでも清潔なものを纏いたいものです。 清潔感、きちんと感をどうキープする? 秋冬物のお手入れ方法をお伝えします。

fashion

洋服ブラシを習慣に

shutterstock_410558671

一番外側に着るものは、意外とほこりなどでよごれています。
ほこりは固体の汚れなのでたたく、ブラシをかけるなどの方法でだいたい落とすことができます。
ブラシがけはほこりを取るだけでなくウールの毛並みを揃えてくれるので、見た目にもすっきりします。

shutterstock_60149074

帰宅後コートを脱いだらまずブラシ掛けを習慣にしましょう。ペットの毛にお悩みの方は、粘着テープでとると良いですよ。

”連続で着ない”で、毛玉を予防

shutterstock_272998796

毛玉は布表面の毛羽がこすられることで絡み合ってできます。毛羽の多いウールはでき易いのです。コートとバッグがこすれることで毛玉ができることもありますから要注意!
まずは作らないために1日着たら休ませることです。
ほこり取りのブラシ掛けは毛玉防止にもなります。それでもできてしまったら、毛玉だけを丁寧にとります。取り過ぎて繊維を傷めないように気を付けましょう。

臭いをとるのは、干すのがベスト

洗濯機で洗えないからこそ、細めなお手入れが大切。風と蒸気を使って、風通しの良い場所に干しましょう。
ウールは紫外線で黄ばむ場合があるので、短時間にするか直射日光が当たらない場所を選びましょう。それからハンガーは厚みのあるものに。

shutterstock_340477685

細いハンガーだと型崩れし易いです。スチームアイロンのスチームを当てる。お風呂上りで湿気が充満したバスルームに置く。などの方法で臭いが取れます。

汗ケアは、冬こそ大事です

冬とはいえ、暖房の室内や電車の中では汗をかいています。汗を吸収し易いインナーを着ることをお勧めしますが、それでもついてしまった汗は、とにかく早く取り除くことです。

shutterstock_414298006

汗は水で落とせますので、汗がついた部分を乾いたタオルなどの上において、上から濡れたタオルなどでたたくという応急処置で汗じみの危険はかなり防ぐことができます。

ニットとウールは、要注意

ニットとは編物のことです。

shutterstock_105877763

糸のループ(輪)がつながっているので、最大の特徴は良く伸びることです。洗い方やしまい方に気をつけましょう。洗う時には必要以上の力がかからないように手洗いか洗濯機で洗うなら洗濯機の中でほかの洗濯物とからんで伸びてしまわないようにネットに入れましょう。干す時も、ハンガーに吊るすと伸びてしまうので平干ししましょう。しまう時も吊るさずにたたんだ方が良いですね。

4平干し2

ウールとは羊毛、そう羊の毛のことです。

shutterstock_104360954

暖かいのが特徴ですが、お手入れの点からいうと、水とアルカリと力に弱いことが特徴です。水の中で強い力がかかると縮みます。アルカリが加わるとなおさらです。その点ドライクリーングは水を使わないので安心です。自宅で洗う場合には中性洗剤を使って手洗いをして下さい。ごしごしと揉まずに、やさしく押し洗いです。これから活躍するウールのニット(セーター)は丁寧に扱いましょう

おわりに

春夏物に比べると、お手入れに手間のかかる秋冬物のニットやウール。でも春夏物に比べてお値段も高いし、コートなどは長く着たいですよね。ダメージを少なくするのがポイントです。休ませながら大切に着て丁寧にやさしくお手入れをし、颯爽と着こなしましょう。