仕事終わりに帰宅してから火を通すだけ♡これ一つで味が決まる、醤油麹をもっと手軽に食卓に!

塩麹はそれだけで味が決まったり、酵素の力でたんぱく質を分解して素材を柔らかくしたりと、とっても使い勝手がいい調味料。流行ったのも納得です。今回おおすすめしたいのは、その醤油版の醤油麹。原料は同じく米麹なので、塩麹同様発酵調味料の一種です。塩麹と違って大豆の旨みも加わるので、使い方次第では、塩麹よりも旨みを感じることができる調味料です。漬け込み料理にも向いているので、朝のうちに漬け込んでおけば、夜帰宅してから火を通すだけで簡単に美味しい料理が完成して、便利です。しかもほかの調味料をいろいろいろ入れなくても味が決まります。そんな便利で美味しい調味料をキッチンの仲間に加えてみませんか?

gourmet

どこで手に入るの?

shutterstock_241039534

味噌屋や醤油屋にしか売っていない? いえいえ、そんなことはありません。スーパーの醤油売り場に売っています。塩麹ほどメジャーではないものの、ほとんどのスーパーで取り扱いがあります。もちろん味噌屋さんや醤油屋さんでは、自家製米麹で作ったこだわりの醤油麹を置いてあるところもあります。

どうやって使うの?

基本は、塩麹や醤油と同じように使ってしまえばOK。旨みと甘みがありますので、それだけで味が決まります。かけるだけ、あえるだけで十分美味しくなります。酵素の力でお肉が柔らかくなるので、漬け込み料理にも向いています。唐揚げの下味などにも最適ですね。

shutterstock_392662102

買ったはいいけれど使い切れなかった……なんてことがないように、一度作ったら作り方もおいしさも忘れない醤油麹を使った簡単レシピをご紹介します。

まずは簡単、かけるだけの醤油麹だれ

DSC_9492

おすすめは、炊き立てご飯に生卵と醤油麹のTKG。お好みで小葱やゴマをかけてもおいしいです。ほかにも納豆ご飯のたれの代わりに使ったり、冷奴にかけたりするだけでおいしく召し上がれます。

あえるだけ、醤油麹の酢の物

材料はお好みのものでOK。野菜がしんなりするので、もりもり食べられます。乾燥わかめが、野菜から出た水分をほどよくすってくれます。

DSC_9539

〈材料/2人分〉

・醤油麹 小さじ2杯弱
・酢 小さじ1~2杯(お好みで)
・セロリ(節から下の部分) 1本
・大根 セロリの半分の分量
・ツナ 1/2缶(35g)
・乾燥わかめ 3~4つまみ

〈作り方〉

[1]セロリは斜め薄切りにする。大根は千切りにする。ツナは油を切っておく。
[2]材料をすべて混ぜ、ワカメがもどるまで約15分置いておく。

ほかの調味料と混ぜるだけ、醤油麹ドレッシング

DSC_9514

〈材料/作りやすい量〉

・醤油麹 大さじ1
・レモン果汁(または酢) 大さじ1
・オリーブオイル(またはサラダ油) 大さじ1

材料をすべて混ぜれるだけ。

鮭のホイル焼き醤油麹風味

ワンディッシュでお野菜もお魚も摂れる魅力的なレシピです。アルミ箔に包んで調理するので、グリルやお皿も汚れません。準備さえ整ったら、あとはグリルにおまかせ! その間にお味噌汁や副菜も作れちゃいますよ。漬け込む時間がなければ、一番上に漬けだれを載せるだけでもOK。付け合わせの野菜はお好みで◎

DSC_9584 (2)

〈材料/2人分〉

・鮭切り身 2切れ
・塩 小さじ1杯程度
・醤油麹 大さじ1杯
・白すりごま 大さじ1杯
・玉ねぎ 1/2個
・すだち(レモン)スライス 4枚(レモンなら2枚)
・れんこん 2~3cm
・しめじ 2房くらい

〈作り方〉

[1]鮭の切り身に塩をふりかけ、15分以上置く。玉ねぎ(4枚分)とれんこん(4枚分)は、輪切りにする。しめじは石づきをとっておく。
[2]鮭から出た水分と塩分をよくふき取る。
[3]醤油麹と白すりごまを合わせた漬けだれと鮭をなじませ、1時間以上置く。
[4]ルミ箔を2、30cm四方に切り、広げる。中央に、玉ねぎ、鮭、れんこんとしめじ、すだち(レモン)の順に重ね、左右と上部を折り返して包む。
[5]魚焼きグリルに入れ、中火で10分ほど加熱する。

牛肉の秋味炒め

朝、肉を醤油麹に付けておけば、帰宅後5分でできあがり。袋を使った簡単調理。しかも洗い物も少ない1品です。

DSC_9507

〈材料/2〜3人分〉

・醤油麹 大さじ2杯
・牛こま切れ肉 150g
・しめじ 1/2株
・舞茸 小1株(100g)
・サラダ油 大さじ1杯
・調理酒 大さじ1杯

〈作り方〉

[1]牛こま切れ肉を大きな袋に入れ、醤油麹をもみこんで1時間以上置く。
[2][1]の袋の中に、舞茸としめじを食べやすい大きさにちぎって入れ、肉をほぐすように全体をなじませる。(しめじの石づきをキッチンばさみで切り落とすとまな板いらず)
[3]フライパンにサラダ油を入れ、強めの火で全体に火が通るまでいためる。最後に鍋肌に調理酒を回し入れ、アルコールを飛ばす。お好みで小葱を散らすなどしてお召し上がりください。

自分好みの醤油麹を見つけよう

いろいろな会社からいろいろな種類の醤油麹が出ているので、自分のお気に入りを見つけるのもいいですね。

shutterstock_111480965

米麹と醤油を混ぜて、麹が柔らかくなるまで毎日混ぜるだけの醤油麹。興味がある方は、米麹を買ってきて自家製の醤油麹を作ってみてはいかがでしょうか。