ロンハーマン、SEA、Snidel。「平日」も「休日」も頼れるオトナBAGはこれ!

10月は半袖で過ごせる日もちょこちょこありましたが、そろそろ完全に冬支度を始めたい時期になりました。新しいコートやブーツと共に新調したいのがバッグ。せっかく新調するなら使いまわしが効くものが嬉しいですよね。今回は、この秋おさえておきたい「オン」にも「オフ」にも使えるオトナBAGを厳選してご紹介いたします♡

fashion

トレンドライクなショルダーバッグなら「Snidel」におまかせ♡

9-1

斜め掛けでも使えるトレンドライクのショルダーバッグ。Snidelのバッグは、形やカラーバリエーションが豊富で、1万円前後という価格も魅力。お財布と小さめのポーチとスマホぐらいの必要最低限のものは収まるので、書類やPCなど、かさばる荷物がない日なら通勤バッグとしても使えます。特に仕事のあとに約束がある日は、身軽でスタイリッシュなバッグで通勤したいものです。

9-3

定番のブラックも抑えておくと使いまわしが効くのでとても便利ですが、落ち着いた色合いの洋服が増えてくるこれからの時期、明るい色のバッグを差し色にすると全体が重くなり過ぎないのでおすすめ。ペールブルーのバッグや小物は、ブラックやグレーを使ったコーデとも相性抜群です。

ショルダー部分を取り外せばハンドバッグとして使用することも出来る2wayは、ファッションや流行に合わせて色々な使い方が楽しめるので、オンもオフも上手に使いまわしちゃいましょう♡

1年中使える「sea」のカゴバーキンはニットとの相性も抜群

9-6

カゴバッグというと春夏なイメージがありますが、 実はブラックやカーキやグレーのカゴバーキンなら冬ニットと合わせても相性抜群なんです! 色々なブランドが出している「カゴバーキン」ですが、その中でも「幻のバッグ」といわれるほど大人気なのがSEAのカゴバーキン。おしゃれインスタグラマーやモデルの方々が私物として紹介した事で広まり、発売すれば即完売、予約しても数か月待ち。カゴバーキンブームの火付け役ともいわれています。

重くなりがちなブラックのワントーンコーデに、異素材のカゴバーキンを合わせてスパイスにするのもおすすめ。自慢のアイテムはあえて引き立たせ、コーデの主役にしちゃいましょう。 ベージュのカゴバッグだとリゾート感が出てしまったり、ボヘミアン調に見えてしまいがちですが、ブラックなら通勤用として使ってもセーフです。

9-2

見た目がスタイリッシュなだけではなく、細部にこだわったしっかりとした作りなので使いやすいと大評判。そんなこだわりの詰まったSEAのカゴバーキンは、一過性のブームではなく、2017年もブームが継続しそうな予感です。サイズはS/M/Lを取り揃えており、毎年素材もほんの少し異なるので、全部集めるコレクターも結構いるんだとか。

私も実際使ってみて、作りの良さと使いやすさを実感しているので、しばらく抜け出せそうにありません。今使っているのはSサイズですが、奇跡的に2017年の新作をGetすることが出来れば、MサイズかLサイズも買い足したいと思っています。狙っているかたは、来年も即完売必至なので、ブランドのインスタグラムで新作情報をこまめにチェックしてみてくださいね。

休憩バッグやバッグインバッグとしても使える「海岸系ブランド」のエコバッグ

9-8

「長財布を片手に休憩」というのがいつしかOLの休憩スタイルのイメージとして根付いていますが、実際お財布だけで外出するわけにもいかない時もしばしば。お弁当を買いにいくだけならお財布のみでもOKですが、お店に入ってランチをする場合はスマホや化粧直しのポーチも持ち歩きたいですよね。そんな時に重宝するのがコンパクトにたたむことが出来るエコバッグ。オフィスにひとつ置いておくか、バッグインバッグとして忍ばせておくといざという時とても便利です。

9-5

中でも大注目なのがwtwのエコバッグ。「海岸系」と言われ、男女問わず人気が高いブランドです。Sサイズでも収納力抜群でマチがしっかりしているwtwのエコバッグは、長財布やスマホや化粧ポーチはじゅうぶん収まるサイズ。汚れてしまってもざぶざぶ洗えるところも魅力です。

9-4

海岸系ブランドの代表格「ロンハーマン」のエコバッグも男女問わず根強い人気。天然素材のバッグも、ブラックであれば1年中違和感なく使えます。どんなファッションにも合わせやすいシンプルなデザインは、あらゆるシーンで使いまわしが効く優秀アイテム。短時間しか使わない休憩バッグもレア度の高いものを選んで、周りと差をつけちゃいましょう♡

再ブームの兆し♡ 「エルメス」ガーデンパーティが超優秀

9-9

エルメスの定番ともいわれる「ガーデンパーティ」は通勤バッグとしても超優秀。自立型でとてもしっかりとした作りなので、マザーズバッグや1泊旅行など、様々なシーンで大活躍してくれます。底も頑丈に作られているので、A4サイズの書類はもちろんのこと、iPadやノートパソコンもすっぽり。ユニセックスで使えるデザインなのも魅力です。

「懐かしい」と思ったかたもいらっしゃるかも知れませんが、実はどんどん新しいカラーも登場し、再ブームの兆しを見せているエルメスのガーデンパーティ。最近使わなくなってクローゼットの中で眠っているというかたもいるのでは!? 寝かせておくのはもったいないので今すぐクローゼットから出して、明日からフル活用しちゃいましょう。

「オトナBAG」でマンネリ化を打破♡

「オン」にも「オフ」にも使えるオトナBAGを厳選してご紹介致しましたがいかがでしたか!? バッグを変えるだけでいつものファッションのイメージがちょっと違って見えるもの。通勤ファッションに縛りがあるかたは、バッグや靴などの小物にちょっとした遊び心を取り入れて、マンネリ化を打破してみてくださいね。