コスパは悪いが、効果は絶大!徹夜明けの緊急美肌対策

夏の徹夜明けはまだ良しとして、冬の徹夜明けは身体も冷えるせいで浮腫みもひどく、顔は最悪です。かといって、お風呂でゆっくり温まっている時間もない朝。でも、今日だけは疲れた顔で出社できない……。そんな時の緊急対策をお伝えします。

beauty

先にお伝えしておきますが、コスパは最悪です。「でも、背に腹は代えられない!」そんな勢いの朝におすすめの美顔対策。必要なものは、いつも使っているフェイスオイルと化粧水だけです。オイルをだっぷり使ってオイルパックをするだけなのですが、まるで徹夜明けとはわからないほど、肌に透明感が出せます。目の下のクマも消えちゃうのでぜひ試してみてください。

オイルは常温にしておこう

nor

引き出しの中で冷たくなっているようなオイルは、引き出しから出して常温にしておきましょう。徹夜明けのだるい身体をひきづって顔を洗いに行く時に出しておくだけでも十分!直射日光や温風で温めるのではなく「常温」にしてくださいね。

オイルをケチるのはNG

AirBrush_20161028015913

オイルはとにかくたっぷりと取ります。うっかり指の間から下に流れていきますが、挫けずにジャバジャバと使うようにしましょう。

「もったいない」は忘れるようにしてください。

ひたすらたっぷり使います

AirBrush_20161028020055

とにかく、手の平いっぱいのオイルを数回顔に付けます。最初はぬるぬるするのですが、1分もすると肌が乾くのがわかるはずです。まずはとにかく、全体がぬるぬるするまでオイルを付けてください。

AirBrush_20161028020444

顔をほぐします。決まりはありませんが、頬骨のあたりや、眉毛、おでこ、小鼻の横など、血流が滞ると痛い箇所がたくさんありますね。目的は「マッサージ」より「オイルの浸透」なのですが、ボーっと待っているのももったないので、ひたすら顔をほぐします。目の下のクマが気になる方は、薄い皮膚の部分ですので優しく血流を促してくださいね。

ほぐしている間にオイルが乾いてきたら「6杯目か……」なんて悩んでケチったりせずに、必ずオイルを追加するようにしてください。

AirBrush_20161028020404

顎の裏側も大事な「老廃物を流す」ポイントです。筆者は、首や肩や鎖骨周りもこのままマッサージしています。余裕があるならわきの下も。全身が乾く季節ですので、オイルをジャバジャバ使うからこそ一滴も残らず全身に浸透させたいのです。

浸透させながら「乾いたらオイルを追加」を繰り返すと、オイルが乾かなくなる瞬間がやってきます。ぬるぬるが乾かなくなったのを肌で確認したら、オイルの追加は終わりです。

化粧水もケチらない

AirBrush_20161028020509

肌がオイルを飲み込まなくなったら、いつもの化粧水をいつものコットンにひたひたに染み込ませます。ひたひたコットンで、今浸透させたオイルを拭き取ります。ぬるぬるがなくなるまで、コットンを変えながら何度も優しく拭き取ります。こすらないように注意して拭き取ってくださいね。コットンは10枚くらい必要です。化粧水で顔を洗うような手順ですので化粧水もたっぷり必要です。

でも、オイルが残るとメイク崩れの原因になるときもありますので、丁寧にゆっくり拭き取りましょう。

AirBrush_20161028020619

鎖骨や胸元までしっかり拭き取ったら、新しいコットンに化粧水をたっぷり含ませてコットンパックをします。コットンパックも、乾いてきたら必ず化粧水を足してくださいね。コットンパックは最低でも5分は行いたいので、筆者は着替えたり髪の毛をまとめたりしながらゆっくりパックしています。

あとはいつものメイクを

コットンパックが終わったら、美容液を付けて乳液を付けていつものメイクを始めます。肌の透明感も化粧ノリもいつもより調子がいいくらいの肌感を感じるはず。徹夜明けなのに!

肌には睡眠が一番の美容液です。でも、大人の女性は眠れない夜も多いはず。寝不足時の緊急対策にぜひお試しくださいね。