もう、高級コスメを無駄にしない!皮膚の機能を知って正しいスキンケア

「最新のコスメなのに効果を感じないなぁ……」せっかく高価なコスメを買ったのに、イマイチ効果を実感できず、化粧品ジプシーになっていませんか? よく「基底層まで浸透する」なんて書いてありますが、実際、角質層や基底層がどんな役割をしているか知っていますか? そこを理解していないと「なんでも肌に浸透するんでしょ!?」と、ただ高級コスメを塗りたくる日々に。今回はコスメ選びにも活かせる肌の構造を詳しくお伝えします。

beauty

汗こそ、最高の美容液

110069ca5ee06382ff21e920a92a0452_s

わたし達の皮膚の表面には「角質層」があることは、ご存知の方も多いはず。でも、その表面に「潤いベール」と呼ばれる膜があることはご存知ですか? この潤いベールは「皮脂膜」と呼ばれるもので、皮脂や汗が混じって皮膚の乾燥を防いでくれているのです。

「汗は最高の美容液」と呼ばれる所以はそれが理由。
運動した後は、皮膚もふっくら毛穴も目立たない状態になりますが、汗をかくことは新陳代謝や健康の問題ばかりではなく、私たちの皮膚を守る役割もあるのです。

角質層が乾燥していたらもったいない

スキンケアの専門家は「化粧水をたっぷりつけろ」と言うことが多いですが、その理由は角質層が乾燥していたら「コスメの効果が半減するから」に他なりません。皮膚の表面にある角質層は、簡単にいえば魚のウロコのように並んでいます。このウロコが垢として剥がれ落ちるのが「ターンオーバー」です。ウロコの間に「天然保湿因子」と呼ばれるものや細胞間脂質が挟まってサンドイッチになっているイメージを思い浮かべてください。

9858e5dcef4b0f72b4aaa3bcafa3546b_s

化粧水が不十分で角質層が乾燥していると、どんなに高級な成分を塗布しても角質層を少し潤わせる程度。

元々潤ったところに「成分」を浸透させるのか、乾燥したところに「水分」として浸透させるのかは大きく違います。
乾いた植木にどんなに高価な栄養剤をさしても、土が十分潤っていないと全体に広がらないのと同じ構造です。
まずは、しっかりと化粧水を角質層に浸透させておくこと。肌の専門家が「たっぷりの化粧水を浴びるように使うこと」と言う理由がおわかりいただけましたか?

角質層の下で、天然保湿因子がつくられている

角質層の下には「顆粒層」(かりゅうそう)という層があります。

肌のかくしつ

顆粒層をつくっているのは「顆粒細胞」という重なった座布団たち。この座布団がターンオーバーで角質層へと押し上げられ、たんぱく質で分解されることで「天然保湿因子」を作り出すからです。角質層の間に挟まった「天然保湿因子」は肌の下でつくられていくのです。「食事で良質なたんぱく質を摂りましょう」という理由はこんなところにあります。規則正しい食事で良質なたんぱく質を取ることは美肌にはかかせないことなのです。

肌にたんぱく質を運ぶ場所

次は、顆粒層の下にある「有棘層」(ゆうきょくそう)の役割についてお話しします。簡単にいえば、有棘層とは「栄養を肌へ運ぶ場所」。

shutterstock_461713045

血管から運ばれた酸素や栄養を受け取ったりたんぱく質を合成したりする場所で、ここで作られたものが顆粒層へと押し上げられます。

すべては繋がっているからこそ美肌は作られる

有棘層の下には「基底層」(きていそう)があります。ここで、新しい細胞が作られています。

肌の内側から、
基底層で新しい細胞が作られ

shutterstock_363270434

有棘層で栄養を溜め込み

shutterstock_172421189

顆粒層で保湿成分へと変身し

shutterstock_206194900

角質層に変身して垢となって剥がれ落ちるわけです。

shutterstock_208824511

高級な美容液を使うだけでは、肌の表面に良い成分を塗り込んでいるだけ。
わたし達の肌は身体と繋がっていて、肌のターンオーバーがうまくいかなければ美肌にはなれないですし、高級なコスメだけで「潤い」をつくることは難しいのです。健康的な食事や適度な運動あってこその「アンチエイジング」。コスメを上手に活かすためにも「中からキレイ」を作ることを大切にしてみてくださいね。