帰宅後が断然変わる!カーテンを洗って最高の冬支度を

すっかり秋らしくなってきました。寒くなると、部屋の温度を保つため、カーテンを閉めることも増えてきます。そのカーテン、最後に洗ったのはいつ? 汚れたカーテンでは体にも心にも良くありませんし、ハウスダストの原因にもなります。きれいに洗ったカーテンで冬を迎えましょう。

lifestyle

カーテンの洗濯方法、実はよくわかっていないという方も多いのでは?
今回は、正しいカーテンの洗い方をお伝えします。

まずは、ほこりをとりましょう

カーテンは意外とほこりで汚れています。

shutterstock_263588705

ほこりは固体汚れなので、カーテンにくっついているだけ。
たたく、ブラシをかけるなどの方法である程度は落とすことができます。まずはこうしてとれるほこりを取りましょう。

表示を確認して洗濯

次はいよいよ洗濯です。洗濯機洗いOKの表示であれば、金具を外しカーテンだけで洗います。

shutterstock_60867361

ほかのものとは一緒にせず、カーテンだけを洗いましょう。
中性洗剤使用の表示があれば中性洗剤を、変色が気になるようなら蛍光増白剤が入っていない洗剤を使いましょう。
洗濯中に洗濯槽の水の汚れ具合を確認してみて下さい。

shutterstock_490067047

泡立ちが少なくなり水の汚れがひどいようなら、カーテンがかなり汚れていたというサインです。もう一度きれいな水に洗剤を入れて洗いましょう。

しわ防止の干し方は?

しわ防止のために脱水は短めに。脱水が終わったら、これもしわ防止のためにすぐに取り出し、干すのはカーテンレール!

shutterstock_426762238

物干しに干すより効率的です。
気になったしわはたたいて伸ばしましょう。せっかく洗ったカーテンをまた汚してしまわないように、レールや窓枠などカーテンが触れる部分はきれいにしておきましょうね。

かびがついていたら

今年は雨が多かったので、もしかするとカーテンの下の方にかびを発見してしまうかも知れません。特にレースのカーテンや薄い色のカーテンでは目立ちますね。

shutterstock_109605329

そんな時は、漂白剤がお勧めです。但し、色物ならば塩素系ではなく酸素系の漂白剤です。塩素系表漂白剤は色素を分解することがあるからです。また、カビは意外とこれからの寒い季節にも発生します。窓の結露が原因です。結露に気を付けてカビの発生を予防しつつ、もしカビを発見したらできるだけ早くお洗濯しましょう。

おわりに

shutterstock_338714603

冬を迎える準備はいろいろありますが、カーテンも忘れずに。カーテンをきれいにするとお部屋も気分もすっきり明るくなります!