ブラウンでつくる。雰囲気抜群のオフィスコーデ

昼と夜の寒暖差も大きく、何を着ればいいか悩んでしまうこの季節。大切なアポがあったり、きちんと見せたい日にはやっぱり”シャツコーデ”がおすすめです。女性らしく仕上げるには、質感と色味が大切。お仕事コーデを格上げするアイテムをご紹介します。

fashion

ブラウンを基調とした、大人コーデ

今年流行したテラコッタカラーを、とろみシャツで。ゆるい質感のあるシャツは、タイトスカートでシルエットを整えて。全体のバランスが大事です。

女性らしさは、質感がポイント

オフィスコーデの、頼れるアイテムといえば”シャツ”。素材やボタンの開き具合によって”きちんと感”も”女性らしく”もなれるのが魅力です。タイトスカートにあわせたいのはとろみ素材。上半身はゆるっと、ボトムスをタイトに仕上げるのが今年らしいバランスです。

同系色のタイトスカートで、グラデーション

オフィス仕様のタイトスカートはシルエットが大事。タイトすぎたり、短いのはNG。程よくタイトで、ひざ丈がポイントです。また、座りやすい、歩きやすいという着心地も働く女性にとっては重要なポイント。試着はマストです。

靴に遊び心をしのばせて

全体をシックにまとめているぶん、小物には遊び心を忍ばせて。落ち着いた配色であれば、アニマル柄でも上品に仕上がります。マフラーやセータだと、派手すぎてしまうアニマル柄は小物で取り入れるのがおすすめです。

書類が入るバッグは、働く女性のマストアイテム

A4サイズの書類が折れずに入るかはお仕事バッグを選ぶ上でも重要なポイント。横長のデザインが多い中で、バケツのような形が珍しくて一目ぼれ。ロイヤルブルーの落ち着いた色味も目を引きます。

女性らしさは、質感がポイント

IMG_0113_1 のコピー

オフィスコーデの、頼れるアイテムといえば”シャツ”。素材やボタンの開き具合によって”きちんと感”も”女性らしく”もなれるのが魅力です。タイトスカートにあわせたいのはとろみ素材。上半身はゆるっと、ボトムスをタイトに仕上げるのが今年らしいバランスです。

同系色のタイトスカートで、グラデーション

IMG_0117_1 のコピー

オフィス仕様のタイトスカートはシルエットが大事。タイトすぎたり、短いのはNG。程よくタイトで、ひざ丈がポイントです。また、座りやすい、歩きやすいという着心地も働く女性にとっては重要なポイント。試着はマストです。

靴に遊び心をしのばせて

IMG_0053_1

全体をシックにまとめているぶん、小物には遊び心を忍ばせて。落ち着いた配色であれば、アニマル柄でも上品に仕上がります。マフラーやセータだと、派手すぎてしまうアニマル柄は小物で取り入れるのがおすすめです。

書類が入るバッグは、働く女性のマストアイテム


IMG_0020_1

ブラウンを基調とした、大人コーデ

IMG_0075_1

今年流行したテラコッタカラーを、とろみシャツで。ゆるい質感のあるシャツは、タイトスカートでシルエットを整えて。全体のバランスが大事です。

A4サイズの書類が折れずに入るかはお仕事バッグを選ぶ上でも重要なポイント。横長のデザインが多い中で、バケツのような形が珍しくて一目ぼれ。ロイヤルブルーの落ち着いた色味も目を引きます。

着る服によって、自分の印象を変えられるのも女性の楽しみのひとつ。
その日の予定や、なりたい自分の印象にあわせてお仕事服を選んでみては?

写真/一居武
文・スタイリング/佐武麻美