バランスが大事!眉毛は美人への近道です

自分の眉毛、自信ありますか? ”アイブローペンで自分の眉の上に書いて終わり”になっていませんか? 眉は顔の「額縁」と言われるくらい重要なパーツ。眉の印象で顔全体の印象が変わるといっても過言ではありません。実は眉は、プロのメイクの間でも一番難しいと言われているポイントなんです。今回は、自分に合う眉メイクができるお手入れポイントをお伝えしたいと思います。

making-up

自分の眉バランスと向き合います

眉毛は、顔と同様に個性があるパーツ。生え方や形、位置や左右バランスによって個人差があります。憧れの人の眉と同じにしても、似合うかどうかは別問題です。眉には流行りがありますが、これも似合う人と似合わない人がいるのは様々な理由があります。違和感がある眉であれば、それは似合わないということにもなります。

自分の眉というものをもう一度ちゃんと鏡で見て、顔全体のバランスから
・眉の高さ
・長さ
・太さ
・位置
を確認してみましょう。そして足りない部分はメイクで足し、必要のない部分をカットするお手入れを意識しましょう。

一般眉メイクとプロメイク

自分の眉を活かしましょう

元から生えている眉の位置を必要以上に高くしたり低くして眉を書くと、バランスも悪くなります。
一時流行った困り眉のように眉下に下げて書きすぎてしまうと、眉上の「眉丘筋」が浮いてもう一本の眉があるかのように浮いて見えます。

眉イラスト

「眉丘筋」は、眉上にある筋肉で目を開いたときに盛り上がる部分。人によっては発達して目立つ方もいます。あまり下げ過ぎるとその筋肉が目立ち違和感のある眉になってしまいます。下げすぎても上げすぎても印象が違って見えてしまい、違和感のある眉になってしまうので、自分の眉の位置から必要以上にずらさないことが大事です。

自分の眉に合ったメイク道具を使いましょう

shutterstock_52347007

①まずは眉の形(ベース)を整えること。
自分の眉の左右差を補うように、眉用のハサミでカット。必要のないムダ毛はツイザー(毛抜き)で処理してからベースを整えましょう。
見逃しがちなのが眉頭の毛。上に長く伸びたり、眉尻部分の毛が下に垂れて伸びると眉が下がって見えたり老けてみえるので、この部分の長さの調整も大切です。切り過ぎてしまうと薄く地肌が見えてしまうので根本からは切らないようにしましょう。

shutterstock_417000739

②次は、眉毛を書いていきます。
おすすめはパウダータイプ。
ペンシルは、人によっては濃く仕上がってしまったり、なじませないままだと不自然になります。パウダータイプで眉の上から形を作るようにすると、自然な眉に仕上がります。後から左右のバランスを見て、上下の足りない部分だけペンで足してあげて最後にブラシでなじませるようにしてあげると自然に仕上がります。

眉毛の濃さによってもメイク法が変わってくるのでご注意を。眉が濃い方はパウダータイプ、眉が薄い方は両方使ってメイクすると自然に仕上がって良いですよ。
特に、眉の形のバランスが悪い場合や、元の形から細くしているのであれば、週に1、2回はツイザー(毛抜き)で形を整えてあげると綺麗な眉の形をキープできます。一度自分のお顔を正面からカメラで撮影して形や高さのチェックをしてみるとわかりやすいですよ。