ハンサムな人と本、理想的な関係

人間が紙という大発明をして以来、さまざまな記録がされたり、思考がつづられたりしてきました。 そして、その紙がまとめられたのが、本という存在。 昔から、聡明だと言われる女性は、よく本を読み、自身でも執筆していました。 文明の発達や時代の移り変わりのなかで、その内容や形式は変わっていますが、人間はいつの時代も、本を読むことで、学びを得たり、想像力を養ったりしてきました。 向上心や好奇心があり、知性にあふれるハンサムな女性たちは、そんな本との付き合い方がとても上手なのです。

lifestyle

本の役割は生活のエッセンス

ひと口に本と言ってもその種類はさまざま。いろいろな役割をもった本があります。

● 情報を伝達する
● 物語を紡ぐ
● 絵で理解させる
● 写真で記録する
● 方法を伝える

など、本の役割は内容によって異なりますが、知識を培ったり、心の栄養となったり、生活のエッセンスになるもの。

ハンサムな女性は、素晴らしい本との出会いが人生を豊かにすることを知っているのです。

本を読むタイミングや時間を作るには?

「毎日、忙しくて本を読む時間がない」

「買ったけど、結局家に積んだまま」

「読みかけのままの本もたくさんある」

誰に迷惑をかけるようなことではないけれど、少しもったいない気がします。

● 通勤中や移動中の電車の中で読む
● お風呂の中で半身浴しながら読む
● 就寝前に眠くなるまで読む

など、毎日の習慣のなかに本を読む時間を確保して、自分のペースで少しずつ読み進めましょう。

ときにはついつい本に夢中になってしまうこともあるでしょう。

自分でルールを決めれば、通勤中や移動中は仕事に役立つ本、お風呂のときはリラックスできる趣味の本、寝る前は記憶を定着させたい■の本など、1日の中で3冊の本に触れることもできます。

そうやって、ハンサムな女性は、上手に本を読むタイミングや時間を作っています。

本がくれるパーソナルな時間

人が本と関わるときは、たいていいつもひとりです。

本を読むときはもちろん、本を選ぶときもひとりのことが多いのではないでしょうか。

選ぶ本には、そのときの自分にとって大切なことが反映されます。

自分にとって大切な本を選ぶ時間、読む時間は、個人的な思考を巡らせることができるとき。

ハンサムな女性は、定期的に本屋さんを訪れて、パーソナルな時間をすごすんです。

ひとりの時間を贅沢にすごすことを習慣にしているのもハンサムな女性の条件かもしれません。

本との付き合い方が人生を変える?

本は、新しい情報を教えてくれたり、想像力を鍛えてくれたり、驚くような擬似体験をさせてくれたりします。

そしてときには、癒しをくれる貴重な存在。

本は人生に思わぬ変化をもたらすことがあります。

ワクワクするような本に出会い、生活が一変することがあるかもしれません。

「一冊の本との出会いが人生を変える」といっても過言ではないでしょう。

ハンサムな女性は、上手に本と付き合うことで自分の人生を思い通りに変化させられることを知っているのです。