まずは1000円で歌舞伎鑑賞デビュー!一幕見席でもっとカジュアルに歌舞伎を楽しもう♡

日本の固有の演劇、歌舞伎。重要無形文化財だもの、一度は見てみたい。でも、着物を着て何万円も払って、よく意味も分からないのに、何時間も見ていられるかしらと思っていませんか? もちろん、そういう鑑賞の仕方もありますが、もっとお手軽な方法もあるのです。

trip

kiyora / Shutterstock.com

IMG_5024

東銀座駅直結の歌舞伎座では、桟敷席から3階席まで5種類の席を前売りしています。チケットも、インターネットはもちろん、電話、劇場窓口で購入が可能です。残席があれば、開演間近でも買うことができます。もちろん、これらの席は数千円から、2万円を超えるものまで。1000円以下で見ることは不可能です。
1000円で見られる席は一幕見席といって、当日窓口で買える席で、場所は3階席より上になります。つまり4階。歌舞伎は昼の部と夜の部に分かれていて、それぞれが休憩をはさんでいくつかの幕で構成されています。この一幕見席は、その中の好きな一幕だけを見るための席なのです。したがって、時間は短く、それがゆえお値段もお手頃ということになります。好きな演目(または俳優さん)だけを見たい、とにかく歌舞伎の雰囲気を楽しみたい、という人にはもってこいの席なのです。

IMG_5025

買い方は簡単。歌舞伎美人(かぶきびと)というサイトで演目や出演者をチェック。見たい演目の前に歌舞伎座正面左側にある「一幕見席切符売場」に並んで購入するだけです。残念ながら、予約はできませんし、現金のみの取り扱いになります。1人1枚の購入なので、お友達とは一緒にきちんと並びましょう。同じ部の連続した幕なら続けて同時購入も可能です。値段は、演目によって異なりますが、おおむね1000円前後。安いものは1000円を切ることもあります。人気がある演目や俳優さんの場合には、売り切れてしまうこともあるので、早めに並ぶことをおすすめします。

shutterstock_276182492
Attila JANDI / Shutterstock.com

ちなみに席数は、着席90席、立ち見が60人。並んだ順に番号の入ったチケットを渡されるので、その番号順での入場になります。入場した後は自由席なので、早めに自分の席を見つけましょう。

IMG_5028

幕見席専用の入口があるので、1~3階まで行くことはできず、したがって、お弁当なども持ち込まないと中では買えないことになります。ただし、筋書(パンフレット)の販売やイヤホンガイド・字幕ガイド(有料)はありますので、ご安心を。ただ、4階の席なので、雰囲気を味わうだけでなく俳優さんをしっかり見たいという場合は、オペラグラスが必須となります。

shutterstock_121226869
Sean Pavone / Shutterstock.com

歌舞伎鑑賞は、服装も自由です。着物やドレスじゃなくても大丈夫。普段着でOKです。もちろん、ドレスアップもおすすめですよ。録音や録画をしない、携帯電話の電源を切るなどの常識的な鑑賞マナーがあれば大丈夫です。
あの俳優さんに会いたい、あの演目が見てみたい、「歌舞伎を見た」と実感したいなど、鑑賞の目的は人それぞれ自由です。ちなみに歌舞伎というと多くの人が連想する赤と白の髪の毛を振り回す演目は「連獅子(れんじし)」と言います。1000円で、お試しするのにおすすめな演目ですね。外国人のお友達を連れて行っても喜ばれること間違いなしです。

shutterstock_434986864

「歌舞伎なんて別世界の文化」などと敬遠せずに、まずは手軽に経験できるところから始めてみませんか。もしかしたら、どっぷりはまってしまうかもしれませんよ。