女子アナおすすめ!今観たい感涙作品~11月公開のおすすめ映画3本~

芸術の秋、スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋…… いろんな秋の楽しみ方がありますが、私のおすすめは、映画の秋。 11月公開の映画には、泣ける映画が、たくさんあります。しかも、ただ泣けるだけではない、深く考えさせられる作品が多いです。職業柄、公開前の試写会で多くの作品を拝見しているので、今回は、その中から厳選した3つの作品をご紹介します。

lifestyle

出典: http://konosekai.jp

『この世界の片隅に』11月12日(土)公開

2016-11-08 9.57.46
出典: http://konosekai.jp

原作は、こうの史代さんの漫画『この世界の片隅に』(双葉社刊)。様々な賞を受賞しているので、ご存知の方も多いと思います。第二次世界大戦を、一人の女性の目線で描いた作品です。今回、待望の映画化されました。

2016-11-08 9.57.24
出典: http://konosekai.jp

女優のんさんが、主人公の女性を演じています。アニメーションの美しさもさることながら、のんさんの声の演技力に圧倒されました。

2016-11-08 10.00.06
出典: http://konosekai.jp

どんどん彼女の世界に引き込まれていくような、そんな力がありました。

2016-11-08 9.58.00
出典: http://konosekai.jp

丁寧に映し出される当たり前の日常と、それを一瞬で奪う戦火……
戦争をテーマにした映画なので、少し敬遠される方もいらっしゃるかもしれないですが、ぜひ、じっくり向き合ってみてください。

2016-11-09 10.05.58
出典: http://konosekai.jp

ちなみに、私は、映画後半ずっと涙が止まらなくて、目が腫れに腫れて大変なことになりました。次の日に大事な用事がある時は、避けた方が良いかもしれません。

公式サイト:『この世界の片隅に』

『ボクの妻と結婚してください。』11月5日(土)公開

640
出典:http://eiga.com

続いてご紹介したいのは、死を通して生き方を考えさせられるこちらの作品。

640-1
出典: http://eiga.com

織田裕二さん演じる主人公は、バラエティ番組の放送作家。すい臓がんで余命わずか半年という宣告を受け、残された時間をどのように過ごすか葛藤する物語です。

640-2
出典: http://eiga.com

2014年に舞台化、2015年にはドラマ化された、放送作家、樋口卓治さんの同名小説を映画化したもの。監督は、『阪急電車 片道15分の奇跡』でメガホンを取った、三宅喜重さんです。

640-3
出典: http://eiga.com

主人公が愛する妻役を吉田羊さんが演じているのですが、映画を通して理想の夫婦像について考えさせられる場面があり、ご主人や彼氏、大切な人とぜひ一緒に見てほしい作品だと思いました。

公式サイト:『ボクの妻と結婚してください。』

『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』11月26日(土)公開

640-4
出典: http://eiga.com

第80回アカデミー賞で短編ドキュメンタリー映画賞を受賞作品を劇映画化したもの。
こちらも余命宣告を受けた女性の話ですが、同性愛がテーマです。

640-6
出典: http://eiga.com

病と闘いながら、愛するパートナーを守るために、権利を求めて訴え続ける女性の行動が、同僚やコミュニティを変え、やがては、全米、社会を動かしていくストーリーです。

640-5
出典: http://eiga.com

人間の多様性や、一人一人の人間にできること、生き方を考えさせられる深い作品になっています。

640-7
出典: http://eiga.com

『アリスのままで』でアカデミー主演女優賞を受賞したジュリアン・ムーアと、『JUNO/ジュノ』『インセプション』のエレン・ペイジ演じる、二人の愛の形にも注目です。

公式サイト:『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』

私が今年、最も泣いた作品

アニメ、邦画、洋画と一作品ずつ、ご紹介させて頂きました。

今年は、『君の名は。』が大ヒットしていますが、皆さんはどんな作品で泣きましたか?
私が今年、最も泣いた作品は、今回ご紹介した『この世界の片隅に』でした。

2016-11-09 10.26.13
出典: http://konosekai.jp

そして、もうひとつ同じくらい泣いたのが『ちはやふる 下の句』でした。なぜか、その日の私の泣きツボに入ってしまいまして、映画後半ずっと涙が止まらなかったです。先月、DVD化されましたので、こちらも合わせてご覧ください、おすすめです。

涙を流すことでストレスを解消する、涙活という活動もあります。
映画を見て、思いっきり泣いて、心の栄養補給してみてくださいね。