オフィスの隙間時間に。冬のむくみ対策で、ブーツを楽しむ

11月なのに真冬並みの寒さ。1日働いた後の待ち合わせも、むくみ知らずの足で登場したいものです。ブーツの登場回数も増えるこの季節。朝と夜で太さが違ってブーツがパンパン……なんてことは避けたいですよね。オフィスで手軽にできる足のむくみ対策のストレッチとマッサージをご紹介します。

beauty

冬のむくみの原因は?

梅雨時や夏のむくみは、湿気が主な原因といわれています。では、冬のむくみの原因は何でしょう?
その原因は主に2つあると言われています。

♦冷えによる血行不良

shutterstock_515541715

寒くなると、冷え性の人は手足が氷のように冷たくなります。手足が冷えると血液の流れが滞り、リンパの流れも悪くなるという悪循環に陥ります。

♦水分不足

shutterstock_325250318

暑い夏は熱中症に注意するために積極的に水分補給をしますが、汗をかかない冬は水分摂取量も減ります。食事でとる塩分は夏も冬も大きな変化はないはず。体内の塩分濃度を保とうと水分を体にため込もうとします。

オフィスでストレッチ

1日の大半を過ごすオフィス。少しでもむくみを軽減して、快適に過ごしたいものです。仕事の隙間時間でできる、効果的なストレッチをご紹介します。

shutterstock_521302051

≪椅子に座ったままできるストレッチ≫

① 膝をしっかり伸ばし、足首も伸ばしてつま先を遠く突き出す。そのまま5秒(写真上)
② 膝を伸ばしたまま、足首は曲げ、つま先を天井に向ける。そのまま5秒(写真下)
③ ①と②を数回繰り返す。逆の足も同様に行う。

0104d213c782a738980317d7c3f371bd9fa532833a

≪立ったついでにストレッチ≫

shutterstock_520251634

① 壁などに手をついて片足を大きく後ろへ。後ろへ引いた足の膝はしっかり伸ばし、前の方の足の膝は曲げます。
② 後ろの足のかかとを床に押し付けるように体重も後ろの足に乗せます。
③ 深呼吸とともにそのまま30秒キープ。膝裏~ふくらはぎにかけてじっくりとストレッチ。反対の足も同様に。

0160d8177101edd1abdb6815d2f316b1907d50245e

セルフマッサージも効果的!

血行促進にとても効果的なマッサージです。

0186d5a7ee510fbbddcdbb05ead3f05f0b1f6fa3b6

① 拳をにぎり、第二関節の骨を使います。
② 足首から膝の方向に向かって、下から上へ一方通行でマッサージをします。
③ はじくように少し力を入れて、表側のすね、裏側のふくらはぎもまんべんなく、拳で引き上げるように。

オススメの飲み物

体を温める効果と、水分不足解消には白湯を飲むのがおすすめ。しょうが湯も温まります。

shutterstock_512509552

また、余分な塩分をうまく排出してくれるカリウムを多く含むお茶なども効果が期待できます。
(とうもろこしヒゲ茶、びわ茶、ごぼう茶、ルイボスティーなど)
コーヒーはカフェインが多く含まれているので、眠気を覚ます効果はありますが、手足の末端の血管を縮めて血行を悪くするとも言われています。冷え性の自覚がある方は控えることをおすすめします。

最後に

ストレッチもセルフマッサージも即効性が期待できますが、お仕事の合間にちょこちょこと組み合わせて行うとスッキリ感も持続しやすいと思います。
寒くて体を動かすのが億劫になりますね。でも、美脚のために足の筋肉をなるべく動かし血流をスムーズに。素敵なブーツでアフターファイブも元気に楽しみましょう!

<撮影協力>Terras武蔵新城