明日は視線が集まる日!そんな前日に試したい、うるっと手肌のつくりかた

ネイルサロンといえば、ジェルネイルや爪に装飾をするところのイメージを持っている方が多いでしょうか? 実はそれ以外にもおすすめのメニューがあります。ネイルスパの様な本格的なお店もありますが、小さなネイルサロンでもお客様に喜んで頂けるように様々な癒しメニューを準備しています。この季節におすすめしたいのが、パラフィンパック。手に視線が集まる前の日の集中保湿にお試しください。

beauty

再注目の「ネイルケア」とセットがベスト

ジェルネイルなどで、指先を美しく整えることがネイルサロンに通う一番も目的。でもきれいに指周りが整っていないと、せっかくのデザインも残念なことに……。そこで近ごろ大切なことだと再認識されてきているのが「ネイルケア」。秘かな人気メニューになってきています。ネイルの持ちも違いますし爪周りがきれいになればネイルもグッと映えてきます。

shutterstock_292763327

たっぷり潤うパックです

爪周りがきれいに整えられてきれいになっても、手の甲や指が乾燥してカサカサ……。この状態を改善するためにおすすめのサイドメニューが「パラフィンパック」。その名の通り”ロウ”のパックです。美容成分やエッセンスオイルなど溶かしたロウで保湿を促すパックなのです。

shutterstock_416878027

パラフィンパックの後はお肌に潤い成分がしっかり浸透して、何時もの手指よりもしっとりふっくら、肌のトーンもグッと明るくなります。乾燥している方こそ実感できる仕上がりを体験して頂きたいメニューです。残念ながらどのネイルサロンにもあるわけではないですが、最近ではセルフ用のパラフィンパックのセット商品も発売されるくらい秘かな人気を集めています。

初めての感覚も楽しめます

パラフィンパックの手順を簡単にご説明します。
ジェルネイルの方はジェルネイルが仕上がってから、マニキュアの方はマニキュアを塗る前にパックをします。まず保湿効果の高いクリームやローションを手に塗布します。ただ塗布するだけでなく指や手の甲、手首のストレッチなども行いながらトリートメントを行うのでかなりリラックスできますよ。(サロンによって違いがあります)

img_20161125_154511-01

そのあと片手ずつ溶けたパラフィンの中に浸け、取り出すとパラフィンが固まり蝋人形の様な手になります。これを2回ほど繰り返してしっかりコートします。このパラフィンの温度ですが大体50度前後に設定されていますので少し熱めです。熱いのが苦手な方は指を軽くつけて温度を確認してから浸けることをおすすめします。

img_20161125_154625-01

その後はヒートミトンなどで温めながらじっくり保湿成分を浸透させます。この暖かさが気持ちが良くて癒されます。

img_20161125_154909-01

10分~15分くらい経ったらパラフィンを外します。スルッと手袋が脱げるように取れてきっと初めての感覚ですよ。もしもベタ付きがある様ならタオルで拭き取ります。手を洗ってしまうのはせっかく温まった手が冷えてしまうのでおすすめしません。

img_20161125_160057-01

パック後の肌はしっとりしていて全身入りたいと思ってしまう程の潤いです。2~3日はこの潤いが持続しますので、これをきっかけに日々のお手入れを始められるとより長く潤いを感じることが出来ます。サロンによってはフットのパラフィンパックもあり、カサカサ踵などの改善にもおすすめです。

img_20161125_160342-01

最高に癒されます

いかがでしたか。乾燥の季節になると筆者のサロンでは普段のお手入れにプラスする方が増えてきます。保湿ももちろんですがヒートミトンなどで温めることで冷えた指先を温めることが出来るのも人気の様です。寒くなるこれからの季節に是非この潤い&癒しを体感してみて下さい。

 

<NAIL SPACE syl.van>NAIL SPACE syl.van