仕事始めの前に、心のリセットを。大人女子的「おひとり様」の過ごし方

1月4日から仕事はじめの方も多いのでは? 短い年末年始、度重なる飲み会などで「お疲れモード」になっている大人女子が続出。ゆっくりと自分の時間は過ごしたいけれど、なんとなく自宅に帰りたくない。そんな時は、自宅へ戻るちょっとした合間を使って「おひとり様」の夜に出かけてみませんか?

trip

img_2455

「おひとり様!?そんな勇気ないんだけれど……」
最近は、「おひとり様」の夜を楽しみながら日頃のストレスを解消している女性は割と多いんです。

意外と、周りの人は気にしていません

「おひとり様」を敬遠してしまう方の大半の理由が“人目が気になる”と、いう点のようです。すなわち「あの人、一人で来てるんだ。」と、思われるのが嫌ということ。
ですが、意外と周りの人は気にしていません。
昼間にカフェやファーストフード店などで一人の時間を過ごすように、夜に一人の時間を過ごす人も多いんです。

やっぱり人目が気になる?そんな時のカウンターです!

人の目が気になる場合はカウンターのあるお店をチョイスしましょう。
バーや居酒屋など、夜を楽しむ場所にはカウンターなどが必ず用意されていて、きちんと「おひとり様」が楽しめる空間があります。

img_2451

基本的にカウンターはホールに背を向けた形であったりと、周りの視線を気にすることがない場所に配置されているはずです。また、隣の人と視線を合わせることもなく、ゆっくりと自分だけの時間が過ごせるようになっているので、人見知りの方でも安心して利用できますよ。

「おひとり様」なのに「おひとり様」じゃない!?

でも、やっぱり一人になるのが淋しいと感じる夜もありますよね?
そんな時は少しだけ勇気を出して、バーテンダーやお店の大将、女将に話しかけてみて。
きっと笑顔で答えてくれるはずです。

shutterstock_453841537

お酒の話や料理の話はもちろんのこと、他愛のない会話で楽しませてくれます。色々と話してみると、そのお店の魅力が伝わってくるはずです。また、他の「おひとり様」のお客様を交えて会話を盛り上げてくれることがあります。
同じ空間を楽しめるようにと配慮してくれますので、存分に会話を楽しんでみましょう。

カウンターではなくダイニングテーブルで?

実は、一人で来店したお客様を「おひとり様」にさせない工夫をしているダイニングもあるんですよ。
カウンターではなく、意図的に大きなダイニングテーブルを設置して、見知らぬ人達や“そのお店に行くと会える”人達との交流を楽しめるようにしているんです。

img_2446

一人で来たのに、和気あいあいとした雰囲気に。でも、お料理やお酒は自分だけのもの。
「今日は一人だと淋しいな……」と、思った時はダイニングテーブルがあるお店に行ってみると、新たな出会いやホッとする空間があるかもしれませんよ。

img_2445

持ち込むとラッキー?こんなアイテムを持っていこう!

「おひとり様」を楽しむ前に、バッグのなかに忍ばせておくと良いものがあります。

⓵ 名刺
「おひとり様」が慣れてくると、カウンターなどでの会話を楽しむようになっていきます。実は店主や知り合った方と仕事の話になることも少なくありません。ここでポイントなのが”夜の「おひとり様」を楽しむ人には経営者が多い”と、いう点。実際、仕事につながることも多い場面ですので名刺は常に持ち歩いてくださいね。

⓶ 本
お酒を飲みながら、ゆっくりと本を読んでる人って意外と多いんですよ。
自分ひとりの世界に浸れますし、没頭できるのがその理由のようです。
また「自分の世界に入りますので、そっとしておいてください。」と、周りの人へのアピールにもなります。
「今日は一人で静かに過ごしたい」と、いう時に本を活用してみてはいかがでしょう?

⓷ 情報ツール
ノートパソコンやタブレットなどを持ち込んで仕事をしたり、SNSの投稿やブログを書いて楽しんでいる人も。ノートパソコンはサイズが様々ですので使用したい場合は、入店した際にノートパソコンを使用したい旨を伝えましょう。
混雑具合にもよりますが、カウンターではなくテーブル席に案内してくれるかと思います。
カウンターを利用したい場合は、他の方の邪魔にならないようタブレットを準備しておくと便利ですよ。

「自分だけ」の素敵な夜を

とにもかくにも、自分のペースを乱すことなくお酒やお食事を堪能できるのが「おひとり様」の最大の魅力。
どうしても友人や同僚たちと一緒に出掛けると、自分のペースを乱されがちに。
また、お店選びからシチュエーションなど、すべて自分の好みで選べますからストレスがありません。

img_2459
一人静かに過ごしたい夜はホテルのバーや日本料理店などを利用して、ワンランク上の「おひとり様」を堪能したり、時間はそんなに無いけれど少しだけ息抜きがしたい夜は、ささっと帰ることができる居酒屋やショットバーを利用したりと『自分だけの時間の使い方』を見つけてみてくださいね。

<写真提供>Nails by GLAMOROUS
■ご予約LINEかMailのみ