女子のひとりサク飲みにおすすめしたい都内の大衆酒場3選

仕事終わり、今日はなんだか飲んで帰りたい気分。そんなとき悩むのがお店の選び方。そこで、女性ひとりでも気軽の入れて、サクッと飲める、そしてコスパも抜群!という都内の居酒屋を紹介します。

gourmet

昭和の雰囲気を残す居酒屋「番番」(新宿)

新宿の歌舞伎町の地下にある「番番」は、昭和の雰囲気がただよう居酒屋。

店内はカウンターのみなので、ひとりでも気軽に入ることができます。若い女性客も比較的多いです。

「番番」の一番の魅力はそのコスパの良さ。お酒は300円前後、名物の焼き鳥を含む串メニューは1本100円からとかなり安いんです。

ビールはもちろん、酎ハイや日本酒、ワインまで揃っているのでお酒好きにはたまらないお店です。

一押しメニューは「番番奴」。冷奴に刻みネギときゅうり、海苔とごま油がかかったシンプルなメニューですが、ピリ辛味でお酒によく合います。

350円という安さかつ、”すぐに出る”つまみなので、串ができるまでのつなぎにぜひ注文してください。

番番
■住所:東京都新宿区歌舞伎町1-16-12
■電話番号:03-3200-9354

予約必須の人気店「あほう鳥」(神楽坂)

ひとりサク飲みでのちょっといいお店に行きたいと思うなら神楽坂の「あほう鳥」がおすすめ。常に満席の人気店なので、あらかじめ予約しておいたほうがいいのですが、混雑する時間帯以外はひとりならすぐに入れる可能性も。

「あほう鳥」は昔ながらの赤ちょうちんのお店で、オーダーは紙に書くスタイル。焼き鳥好きの人をも唸らせるおいしさで、リピーターになる人が多いんだとか。

おすすめのメニューは「とり刺し」。新鮮で臭みがなくおいしいんです。串は「ハツ」が一押しで、肉汁がじわ〜っと出てくるジューシーな食べごたえ抜群の一品です。

定番のお酒は揃っていますが、ぜひ頼んでほしいのが日本酒。とっくりになもなみと入れてくれるので満足度が高いです!

あほう鳥
■住所:東京都新宿区津久戸町1-14
■電話番号:03-3235-3733

老舗居酒屋でコミュニケーションを楽しむ「ふくろ」(池袋)

創業60年以上の歴史ある大衆酒場「ふくろ」は、周囲のお客さんとの交流を楽しみたい人におすすめの店。

店員さんの気づかいがバッチリかつ、常連さんが多いのでひとりでも気軽に声をかけてくれます。

さまざまな客層がいるディープなお店なので、話好きの女性はきっと楽しめるはず。お酒は200~500円前後、料理は400~500円前後という安さなのでコスパも◎。

とにかくメニューの数が多いので、何を頼もうか悩んでしまう人も多いとか。そんな人が頼むべきメニューは「ハムカツ」! 昔ながらの味わいでとてもおいしいんです。

15時からオープンしているので、仕事が早く終わったときに立ち寄ってみるといいかもしれません。

ふくろ
■住所:東京都新宿区津久戸町1-14
■電話番号:03-3235-3733

ひとりだからこそ楽しめる!

ひとりでお酒を飲みたいと思っても、なんとなくハードルが高いと感じてしまう人が多いかもしれません。

でも、ひとりだからこそ店員さんと深い会話ができたり、ふだんは関わりのないような人たちと仲良くなれたり、とても楽しい時間を過ごせます。今回紹介したお店で、ぜひひとりサク飲みデビューをしてみてください!