年末年始の挨拶時に!厳選のオススメ手土産3選

年の瀬が近づいてくると、今年1年お世話になった方々にご挨拶をする機会も増えてくるのではないでしょうか。そして、新年にはまた1年お世話になるという意をこめてのご挨拶をすることでしょう。そこで今回は、そのような年末年始の挨拶をする時に渡すと喜ばれる手土産をご紹介したいと思います。

gourmet

挨拶をしに行く時に喜ばれる手土産とは、一体どのようなものなのでしょうか。親しい間柄だとそこまで悩むこともありませんが、ビジネスの場だと考えてしまいますよね。
そこで、ビジネスの場での年末年始の挨拶時に喜ばれやすい手土産の種類をご紹介いたします。

老舗和菓子店や人気洋菓子店のお菓子

shutterstock_529656775

挨拶時の手土産に喜ばれやすいものは、やはりお菓子類でしょう。
特に、人気のある老舗和菓子店のものや洋菓子店のものは、それだけで箔がつくでしょう。しかし、ネット検索によって金額がわかってしまうデメリットを忘れずに。それでもそれなりのものであれば、受け取る側に好印象を与えられるのではないでしょうか。
また、自社でお酒やカレンダーを制作しているのであれば、年末の挨拶時に一緒に持って行くのもよいでしょう。タオルも年始の挨拶には定番です。

持っていくと喜ばれるオススメ手土産3選

1:特選おこし 古代(大心堂雷おこし)

photo01

出典:大心堂 http://kodai.jp/

もともと「おこし」というお菓子には「家を興す」・「名を興す」ということをかけた意味があり、縁起のいいお菓子としても知られています。
明治30年に創業されて以来、おこしを造り続けてきた老舗和菓子店「大心堂雷おこし」ですが、こちらのお菓子は昭和39年に誕生しました。
千葉県産の落花生や国産の材料が使用されており、香ばしい香りに歯ごたえもサクサクです。大きさも一口サイズなので手軽に食べることが出来ます。

〈DATA〉大心堂雷おこし
■住所 東京都台東区台東4-28-2
■電話 03-3832-0005
■HP   http://kodai.jp/

2:フールセック 50枚入り(コロンバン原宿本店サロン)

fs01

出典:コロンバン http://www.colombin.co.jp/product/others/post-53.php#!others

こちらは「コロンバン原宿サロン本店」にて販売されているお菓子で、1924年の創業以来お店の代表的なお菓子として、今日まで作り続けられています。(オンラインショップでも購入可能)
味の種類はパルミジャーノレジャーノ、アマンド、フランボワーズ、カフェアマンド、ピスタチオ、フィユプラリネ、バニーユ、ショコラアマンドの8種類あり、どの味もバターが香り美味しさをより引き立てています。個包装されているので手土産には最適です。

〈DATA〉コロンバン原宿サロン本店
■住所 東京都渋谷区神宮前6-31-19
■電話 03-3400-3838
■HP   http://www.colombin.co.jp/

 

3:海老づくし(桂新堂)

出典:桂新堂 http://www.keishindo.co.jp/index.html

「海老」といえばおせち料理にもあるくらい縁起の良い食べ物です。
こちらの「海老づくし」は国産の車えび、甘えび、赤えびが使用されたえびせんべいを詰め込んだ贅沢な一品となっています。素材のよさが生かされており、甘いものが苦手な方にも喜ばれる一品です。
そして「海老」には、腰が曲がるまで長生きをするという意味が込められております。会社においても長く続くようにという意味を込めて、こちらのお菓子を手土産としてお渡しするのもよいと思います。

〈DATA〉桂新堂
■住所 愛知県名古屋市熱田区金山町1-5-4
■電話 052-681-6411
■HP   http://www.keishindo.co.jp/index.html

 

年末年始の挨拶時に持っていくと喜ばれそうな手土産をご紹介しましたがいかがでしたか。日頃お世話になっている方々へ1年の感謝をこめて、また、新しい1年もいいお付き合いが出来るように、きちんとした挨拶をしたいですね。