年末年始も忙しく働く女性におすすめ♡ササっと、おつまみ!鯛の生ハム

毎年このフレーズを言わずしては年を越せなくなっていますが……「あっという間に年末ですね!」(はーすっきりした)これから忘年会、クリスマス、大晦日、そして年始のお正月とイベントが続いていきますよ。年末年始は何かと人が集まる機会が多く、お家でご飯を振る舞うことも増えるでしょう。 私は基本的に「食べる・飲む」専門で、気が向いた時くらいにしか料理をしないのですが、そんな私みたいなズボラさんや、年末年始に仕事もプライベートも忙しく過ごすあなたに、とっておきの簡単おつまみをご紹介しましょう。

gourmet

「脱水シート」でつくる、鯛の生ハム

「脱水シート」って知ってますか? 浸透圧の原理を応用したシートで、このシートの間に食品を挟むとその食品に含まれる水分を抜き取ってくれます。例えば、魚や肉などをそのシートに挟めば、魚や肉の余分な水分を取ってくれる、そういう優れものです。今回はこのシートを使って、鯛の生ハムを作ります。旨味が凝縮された、生ハムのような食感のお魚に仕上がります。
ちなみに私はネットでこちらのピチットという脱水シートを購入して使っています。脱水シートを用意したら、さっそく料理スタートです!

レシピ

〈材料〉

・鯛 刺身用の柵半身
・塩 小さじ1
・シーズニング お好みで

〈作り方〉

[1]まず、脱水シートを1枚用意します。

15225170_1028161323960023_1151131993_o

[2]その上に鯛を乗せます。

15225360_1028161330626689_639892273_o

[3]塩、またはシーズニング(ハーブやスパイスなど調味料をブレンドしたもの)を、鯛にまんべんなくふりかけます。

15204106_1028161320626690_1860048546_o

[4]隙間ができないように鯛に沿うようにして、脱水シートで包みます。

15231683_1028161337293355_924708931_o

[5]冷蔵庫に5日ほど寝かせればできあがりです。

※ポイントは鯛をほどよく放置する心です……本当にこれだけです。
参考にしたのは、魚のあれこれの知識を教えてくれるお魚屋さんのサイトです。

これぞ、放置料理!

15216133_1028161340626688_119534417_o

とても簡単に作ることができます。ほどよく水分がなくなり、全体的に生ハム独特のあの「ねちっこい食感」になっていたらできあがりです。包丁でスライスしてそのまま食べるも良し、サラダのトッピングにするも良しです。旨味が凝縮されていて本当に美味しいんですよ。

shutterstock_431210836

あなたはどんなお酒に合わせますか? 日本酒? 白ワイン? 焼酎? ビール?
突然の来客にも、さっとこんなおつまみが出てきたら、喜ばれること間違いなしです。