「賀正」は上司に使うと失礼!? 年賀状で使いたい正しい日本語

最近はオフィスの上司や仲間への新年の挨拶も、SNSを利用することが増えてきました。しかし、年明けに大切な人たちから年賀状が届くのは嬉しいもの。今年は是非、手書きで新年のご挨拶をしてみるのはいかがでしょう?新しい年の幕開けを飾る大切なご挨拶。正しい日本語の使い方、あなたは知っていますか?

lifestyle

まず年賀状に書くべきことは?

shutterstock_330543689

それぞれの会社や人の個性を感じられる年賀状は、見ている方も楽しくなりますよね。家族や友人に出す年賀状は、個性を発揮した大作をつくりあげるのもよいでしょう。

しかし、ご挨拶で年賀状を出すとき、まず年賀状に書くべきことがあります。それは、

  1. 賀詞
  2. 添え書き(あいさつ文)
  3. 年号

の3点です。

賀詞とは、”謹賀新年”などの新年のお祝いの言葉です。
次の添え書きとは、昨年のお礼や新年の挨拶などを述べる文章にあたる部分です。
それに加え、新年度の年号を書き加えます。まずはこの3点を押さえましょう!

失礼な賀詞もある!?

shutterstock_417043777

新年のお祝い言葉にあたる、賀詞には使用する上でのマナーがあります。
それは、”賀” ”寿”や”賀正” ”迎春”などの、1文字もしくは2文字で始まる賀詞は、上司など目上の人には使用してはいけないということです。なぜなら、”賀”や”寿”は「おめでたいこと」という意味で、”賀正”は「正月を祝う」という意味のみの言葉だからです。

目上の人に使える賀詞

1・2文字の賀詞に対して、四文字熟語で構成される賀詞もあります。”謹賀新年”や”恭賀新年”などです。
例えば”謹賀新年”は「謹んで新年をお祝いします」という意味になり、”恭賀新年”は「うやうやしく新年をお祝いします」という意味になります。こちらの言葉は、より丁寧で相手への敬意を表す挨拶言葉になります。そのため、目上の人に対しては、四文字の熟語の賀詞を使う事をお勧めします。

年賀状の注意点とは?

shutterstock_247416193-2

 

賀詞を繰り返して使用しない

例えば、”新年あけましておめでとうございます”という言葉は、”新年”と”あけまして”という賀詞が重複してしまいNGです。使う賀詞は1つに絞りましょう!

忌み言葉は使わない

新年のご挨拶に、忌み言葉は使用してはいけません。忌み言葉とは、例えば”去る” ”失う” “滅びる”などの言葉です。”去年は”と思わず使ってしまいそうになりますが、”昨年は”のほうがベターです。

素敵な1年にするために

shutterstock_455291599

昨年の感謝をこめて、これからのお付き合いをより大切なものにしていくためにも、新しい年の始まりの挨拶はとても大切なものです。お世話になっている上司や同僚・お得意先に、正しい日本語を使ってしっかりとしたご挨拶をしたいですよね。

あまり年賀状を書く機会がなかった方、新年の挨拶はSNSで済ませていた方も、今年は手書きの年賀状でご挨拶をしてみるのはいかがですか? 会社の上司や取引先など、あなたの誠意が伝わるかもしれませんね。