にやける程、暖かい。ユニクロ史上最も暖かいヒートテックでオフィスコーデの幅が広がりそう

冬の定番、ヒートテック。本日12月19日より、ユニクロ史上最も暖かいヒートテックの発売が開始されました! ”超極暖”と名の付く通り、驚くほど暖かい。プレゼンの日、大事な商談の日などシャツを着たい日にぴったり!これを1枚仕込めば、ぽかぽかと快適に過ごすことができそうです。

fashion

真冬のオフィスの強い味方!

”お洒落は我慢”というけれど、我慢せずともお洒落できるのが一番です。
大事なプレゼンの日や、接待の日……。
ジャケットを羽織る必要があったり、シャツを着る日はどうしても薄着になってしまいがち。

実は寒さと戦っているのは、TPOを気にした服装が必要なキャリア女性かもしれません。

img_0937

12月中旬、最高気温8℃の日の服装です。
この日は大事なプレゼンがあったため、襟付きシャツの着用がマスト。
今年流行のテラコッターカラー×タイトスカートでバッチリと決めてみました。

真冬の服装にしては薄着すぎるコーディネートですが、通勤時も社内でもずーっと快適。「寒い」と口走ることなく、1日を終えることができました。
なぜなら……

img_0930_h

ユニクロ史上最も暖かいヒートテックを中に仕込んでいたから。
このヒートテック、本当に驚くほど暖かいんです。

裏起毛で、驚くほど暖かい

img_08812

お分かりいただけるでしょうか? 今までのヒートテックとの圧倒的な違いを。

img_0888-2

新商品「ヒートテックウルトラウォーム(超極暖)」は、直に肌に触れる部分が特殊起毛素材に。

ヒートテックは、独自の特殊な糸構造により発熱した空気を保温する仕組みになっており、空気を溜める量が多いほど保温力が高くなります。「ウルトラウォーム」の暖かさは、通常のヒートテックやエクストラウォームとも異なる特殊な編み設計にあります。この編み設計により、さらなる繊維のふくらみ感アップと、裏地の起毛部分の毛足を長くすることに成功。繊維の間の繊細な隙間(エアポケット)が増えてより多くの空気を溜め込めるようになり、生地内に大量の空気層をつくり出すことで保温力を高めています。この特殊起毛により、着た瞬間から暖かさを実感いただけます。

sub1

真冬のコーデの幅が広がりそう

img_0866-2

真冬の夜をイメージした、商品パッケージ。氷点下などの極寒環境に最適な「ヒートテックウルトラウォーム(超極暖)」と言われるほど、暖かさを重視した商品となっています。これを1枚下に着こめば、薄手のシャツでも大丈夫! 真冬のオフィスコーデの幅が広がりそうです。

img_0856-2

タイツもあるので、脚が寒いときには是非。

sub2

<DATA>
ヒートテックウルトラウォーム(超極暖)

※この記事は「ヒートテックウルトラウォーム(超極暖)」公式取材をもとに執筆しています。

写真/野中香織
文/佐武麻美