ご来光だって拝めます!今年は、ケーブルカーで山へ初詣に行きませんか?

初詣は、どちらに参拝するかお決まりでしょうか? 近所の神社や、毎年決まったお寺に参拝する方もいれば、帰省先や旅先で参拝する方もいらっしゃるかと思います。ですが、初詣に行く場所は決めていないという方も意外と多いんです。そんな方にオススメなのが「山への初詣」。「えっ!?山へ初詣って、山道を登らなきゃいけないんでしょ?」と、思われがちですが決してそんなことはないのです。

trip

その手があった!ケーブルカーで初詣!

山には寺社仏閣が多いことにお気づきの方もいらっしゃるかと思います。
特にケーブルカーやロープウェイなどが備わっている山には、大きな寺社仏閣のある可能性が高いんです。

img_2463

それは、普段から寺社仏閣への参拝客が多かったり、山そのものや景観に魅力があって観光客が多いためです。特に寺社仏閣への参拝客は、小さなお子様連れの方もいらしり、お年を召した方もいらっしゃいますよね? そんな方々でも気軽に参拝できるように工夫されているわけです。

img_2466

楽ちんなケーブルカーなどを使えば山頂へは「あっ」と、言う間の快適な旅。
駅前から寺社仏閣へと続く参道になっていることも多いので、道がきちんと舗装されていたり、ところどころに案内図が設置され迷うことなく目的の寺社仏閣へたどり着くことができます。
また、体力的に不安があっても途中に休憩のできる茶屋や土産物店などがありますから安心して参拝することができますよ。

大晦日から元日にかけて終夜運転するケーブルカーがある!

大きな寺社仏閣がある山のケーブルカーやロープウェイは、大晦日から元日にかけて終夜運転しているところがあります。もし終夜運転していなくても初日の出に間に合わせるために、日の出前から運転を開始している場所がほとんどです。お正月の期間はケーブルカーなどを運営している会社によって運行時間が変わりますので、必ず各会社のホームページなどで確認してみましょう。

fullsizerender

元日の初日の出に合わせた時間帯は、非常に混み合うことが予想されます。早朝からの参拝を希望する場合は、早めの行動を心がけてくださいね。また、ケーブルカーを運営している会社は鉄道会社も多いので「PASMO」などを携帯しておくと切符を購入する手間が省けますから、ぜひ活用してみてください。

ご来光といえば富士山ですが……

shutterstock_530936605

お正月のご来光といえば「富士山」を思い浮かべますよね?
ですが日本一の標高を誇る富士山に登るためには、体調管理はもちろんのこと体力的な準備と心構えがないとチャレンジができませんよね。しかも季節は冬真っただ中です。
身の回りの装備も通常の登山と違って「万が一の時」を想定した重装備になりますし、標高が3000メーターを超えるわけですから「高山病」を発症してしまう方も少なくありません。
富士山のご来光を臨むためには、残念ながら「気軽に」とはいきそうにありません。

ご来光は富士山だけのものではありません!

ご来光とは「山頂」や「高山」から拝む日の出のこと。
山が富士山でなくても、もちろん元日の初日の出でなくても良いんです。
意外と知らない方も多いこの事実(笑)
そのことを知っていれば、もっと身近にご来光を感じたり「気軽に行けるならば、山への参拝へ行ってみようかしら?」と思えてくるはずです。

img_2462

都内近郊であれば高尾山や御岳山などにケーブルカーやリフトが用意されています。

img_2464

高尾山には「高尾山薬王院」が、御岳山には「武蔵御嶽神社」がありますのでケーブルカーなどを使えば登山のような装備はいりませんので気軽にご来光が拝めつつ初詣ができるんです。

冬の山への参拝ということをお忘れなく

ケーブルカーやロープウェイで楽々登れるとしても、平地との標高差は数百メートルあります。
場所によっては平地では降っていなかった雪がチラついていたり、薄っすらと積もっていることもありますから初詣に行く際は足元が滑ることも考えつつ、手元が空くリュックサックや雪道を想定したシューズなどを準備して行きましょう。
また、防寒着や携帯用カイロなどの「防寒グッズ」は、いつもよりもしっかりと確認してお出かけくださいね!

<写真提供>Nails by GLAMOROUS
■ご予約LINEかMailのみ