初詣はもう行った?初詣のマナーと関東の仕事運を上げくれるスポット2選!

初詣には毎年行っていますか?初詣は、新年に初めて神社やお寺にお参りし、その一年の無事と幸せを祈願する行事のことを言います。参拝する際のマナーをご紹介いたしますので、正しいマナーで初詣に行きましょう。また、お参りすることで“仕事運”を高めてくれると言われている関東の神社を2社、ご紹介いたします。

trip

初詣のマナーとは?

神社
shutterstock_517223716

まず、鳥居をくぐる際に「一揖(いちゆう)」(軽く一礼)します。
次に、参詣者が手や口をすすぎ清める為にある手水舎(てみずや・ちょうずや)に向かいます。 手水舎には柄杓(ひしゃく)が置いてありますので、最初に右手で柄杓を取って水を汲み、それを左手にかけて清めます。次に、左手に柄杓を持ちかえて、右手を清めます。

口をすすぐときは直接柄杓に口をつけず、柄杓を右手に持ちかえて左の手に水を受けて、その水を口にいれてすすぎます。すすぎ終わったらもう一度左手に水をかけて清めます。

最後に、使った柄杓を両手で立てて、柄の部分に水を伝わらせるようにします。こうすることで、柄杓の触った所を清めてから元の位置に戻します。

その後で、神様に参拝します。まず一揖してから、鈴を鳴らします。(この時期、混雑する神社には鈴がない場合も多いですね。)お賽銭は投げつけず、静かに入れましょう。
そして、「二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)」を行います。願い事は、拍手の後の一礼の時に心の中で短めに念じます。

お寺 

shutterstock_535180048

お寺の場合は、まず山門の前で一礼します。敷居は踏まずにまたぎます。手水のしかたは神社と同じです。
本堂の前に立ったらお賽銭を納めます。お寺でお参りをする時は、音を立てないようにします。そのため拍手はせず、手のひらを合わせたまま一礼します。手を合わせる事が「仏様と一体になる」ことを表しているのだそうです。

仕事運を高めてくれるスポット

愛宕神社

ph_main_winter

出典:愛宕神社

都内随一の出世祈願場といえば、愛宕神社(あたごじんじゃ)があります。愛宕神社には、江戸時代・曲垣平九郎(まがき・へいくろう)という人物がこの急な石段を馬で駆け上り出世したという故事にちなんだ「出世の階段」があります。この石段を上ることで、仕事運・出世運アップ、商売繁昌にご利益があると言われています。

代々木八幡宮

top_movie04

出典:代々木八幡宮

代々木八幡宮は、あるテレビ番組で「境内にある出世稲荷神社にお参りしたら仕事が増えた!」という芸能人のエピソードが紹介されて、注目が集まった神社です。有名になった出世稲荷大明神は敷地内の奥の方にあります。

shutterstock_537706003

新年に初詣に行くのは、気持ちを新たにして目標などを考えられるいい機会ですよね。神様に今年の目標を聞いて頂いてお仕事を頑張れたらいいですね。そして、初詣に正しい参拝方法でいけば、ご利益もたくさんあるかもしれないですよ! 皆様にとって良い年になりますように。