モテ度No.1白ニット♡着膨れしないコーディネート方法5つ

清楚なイメージでどんなものにも合わせやすい白ニットコーデ。ただ、膨張色の白&ニットは着膨れしやすい洋服ナンバー1。今回はそんなお悩みを解決する、おすすめの着膨れしない白ニットコーデ術、とくにオフィスにも着ていけるコーデをご紹介します。

fashion

ボトムスにイン

20150926232927502_500

出典:WEAR http://wear.jp/lisalisasensei47/5041458/

着膨れを抑える一番早い方法はボトムスに裾をインをして、ウエスト周りをすっきり見せるコーディネート。トップスに少しボリュームが出ても、きちんとウエストラインが見えることによってメリハリが出ますよね。またボトムスがダークカラーだと締まった印象になるので、着膨れ軽減効果は大きくなります。

大き目シルエットで逆に細見え効果

15351118b_1_d_500

出典:WEAR http://wear.jp/item/17308912/

体にフィットするサイズの白ニットを着てしまうと、体のラインが強調されてしまい着膨れの原因に。そこで、逆に大き目シルエットを着ると肩の部分だけがニットに触れる状態になるので、体が華奢に見える効果が。ボトムスに細身のものを選ぶとよりその効果がアップしますよ。

ダークカラーのロングカーデで縦長効果

20160316104842281_500

出典:WEAR http://wear.jp/wear9022/6480221/

白ニットを着た上にダークカラーのカーディガンを合わせることで、着膨れして見える肩や胸、お腹周りを上手にカバーしてくれます。カーディガンがロングだと、スタイルに縦のラインが現れるので尚GOOD! 気になるお尻や太もも周りもカバーしてくれますよ。

丈の長さを意識

20161205203524370_500

出典:WEAR http://wear.jp/sawakosan/8653126/

着膨れの原因は、面積が大きく見えてしまうこと。丈の長い白ニットを選んでしまうと、やはり白い面積が広く太って見えてしまいますよね。そこで、丈の短いトップスを選びしっかりウエストラインを見せることで、太く見えてしまう面積を小さくするとともに、ウエストとのメリハリが見えるので、着膨れというよりもスタイルアップ効果が期待できますよ。また、白ニットは前より後ろが長くなっているようなアシンメトリーな丈の長さを選ぶとより綺麗なシルエットを作ることができます。

番外編:ロングカーディガンで取り入れる

20160328121307894_500

出典:WEAR http://wear.jp/wear9022/6583768/

ニットではないのですが、番外編。一見難しそうに見える白ロングカーディガンの着こなしですが、中のトップスにダークカラーを選ぶと、白が目立ち過ぎずキレイに着こなせますよね。そして、着膨れの軽減にはやはり縦長のスタイルを取り入れることが重要。ロングカーディガンで横ではなく縦を意識させましょう。

今回は白ニットでも着膨れしないコーディネートをご紹介しました。可愛いものを着ても、太って見えてしまっては台無しですよね。可愛いスタイルには欠かせない白ニット♪ 自分に合う形や合わせるボトムスに気を付けて、この冬はぜひたくさん着てください。着たいものを綺麗に着こなして、オフィスでもおしゃれを楽しんでくださいね。