大掃除完了と思ったら……エプロンやカーペットに汚れが!これも上手に落としましょう

いよいよ今年も残りわずか。大掃除は終わりましたか? キッチンの換気扇やコンロなど大物の油汚れを落として、やれやれと思ったら……その油汚れがエプロンについていたり、お部屋がきれいになった途端にカーペットの汚れが目立つ!などということはありませんか? 気になる汚れを落として、すっきりと新しい年を迎えましょう!

lifestyle

油汚れは、乾いた布で吸い取りましょう

shutterstock_267355829

油と水が混じらないことは、皆さんもご存知のことと思います。油汚れは水をはじいてしまうので、水だけで落とすことができません。エプロンでもカーペットでも油汚れがついてしまったら、まず乾いた布やティッシュペーパーなどで油分を吸い取りましょう。この後に洗剤でも落としますが、ここであるひと手間をかけると汚れが落ちやすくなります。

液体洗剤の原液で部分洗い

shutterstock_338034260

エプロンなど洗濯機で洗えるものは、洗濯機に入れる前にしみになった部分だけを洗っておきましょう。液体洗剤の原液をつけて、少し時間をおいてつまみ洗いをします。落ちなかったら液体漂白剤をつけて下さい。色物の場合には、塩素系漂白剤では色落ちしてしまいますから、酸素系漂白剤をお使い下さいね。そのあと、ほかの洗濯物と一緒に洗濯機で洗濯しましょう。

カーペットの汚れはたたいて落とす!

shutterstock_158597315

カーペットについた汚れは、大きさにもよりますが、洗濯機ではなかなか洗いにくいですよね。クリーニング店にお願いするのも一つの手段ですが、今年は自分できれいにしてみませんか? こつは「たたく」こと。まず汚れのついた部分に、液体洗剤を原液のままつけます。これを歯ブラシなどでたたいてください。

shutterstock_303489182

こすってしまうと、繊維を傷めることがあるので注意してくださいね。
次に洗剤がついている部分にタオルなどのきれいな布をかぶせて、その上からまた歯ブラシでたたき、汚れと洗剤をタオルに移します。タオルをきれいな面にかえてたたく作業を、カーペットの汚れがタオルに移るまで繰り返します。

shutterstock_273882230

この後は、水で同様にたたいてすすぎます。それでも落ちない時は、水をお湯に変えて再度たたきます。それでもダメなら漂白剤(酸素系)をつかいましょう。漂白剤をつかった後は、最後のすすぎを忘れずに!

汚れを落として気持ちのいい新年を迎えて

shutterstock_380743111

今年の汚れを上手にきれいに落として、すっきりと新しい年をお迎えくださいね。