簡単アペタイザー~焼きカマンベール~【仕事帰りの家ごはん】

冬。特に12月は、赤いワインが良く似合う季節。人が集まるときのちょこっとおつまみも、クリスマスカラーならちょっと気分も上がります。そのままでも十分美味しいカマンベールですが、加熱することでとろける食感に。気軽に手でつまめるワインのおつまみアイディアのご紹介です。

gourmet

レシピ(調理時間10分)

〈材料/8個分〉

カマンベールチーズ     1個
春巻の皮          2~3枚
赤パプリカ(またはトマト) 少々
パセリ           少々
黒胡椒           適宜
塩             少々
オリーブオイル       大さじ2
水溶き小麦粉        適宜

pc082989aa-1

〈作り方〉

[1]春巻の皮は6㎝×12㎝程度に切る。大きさはお好みですが、チーズが付詰める大きさで、皮の大きさに合わせて切りだして下さい。カマンベールチーズは放射線状に8等分に切る。パプリカ(トマト)はみじん切り。
[2]春巻の皮にカマンベールチーズを乗せ、チーズを少し潰す。胡椒をふり、赤パプリカ(トマト)を乗せ、ちぎったパセリを乗せ、周囲に水溶き小麦粉を塗って挟み、潰すように貼り付ける。※多少くっついていないところがあってもOK
[3]オリーブオイルを熱したフライパンで1~2分焼き、周囲が色づいてきたら、キッチンペーパーに取りだし油を切って器に盛る。お好みで塩気が足りなければ塩を振る
※早く綺麗に焼けるので、油は少し多目がおすすめです(大さじ2)。

pc082817aa-1

溶け出すチーズをキャッチする

そのままでも美味しいカマンベールチーズですが、フライにしたりフォンデュ風にするなど加熱しても美味しい。そんなカマンベールをフライほど手間をかけず、とろけるおつまみに仕上げました。今回の“春巻きの皮”は溶け出すチーズをうまくキャッチしてくれました。赤ワインに合わせてお試しいただけたら嬉しいです。
パーティーシーンの多い12月。手軽で美味しいおつまみで、エンジョイ♪