レパートリー広がる琺瑯(ホーロー)クッキング【仕事帰りの家ごはん】

琺瑯(ホーロー)は、鉄、アルミニウムなどの金属材料表面にシリカ(二酸化ケイ素)を主成分とするガラス質の釉薬を高温で焼きつけたもの(wikipediaより引用)です。においがつきにくく、酸や塩分にも強いので、味を変化させにくく、味噌やジャム、漬物の保存に適しています。また、熱伝導がよく冷却性に優れているので、冷凍食品を保存するにももってこい。しかも、ホワイトボード用のマーカーで本体に直接日付や内容を書くことも可能です。そんな便利な琺瑯は、見た目もシンプルでおしゃれなので、保存容器として愛用する人が増えています。でも実は、保存だけでなく、直火やオーブンなど調理にも使える優れもの。(電子レンジは使えません)保存容器としてだけでなく、調理器具としても大活躍。賢く使えば、忙しい人の強い味方です。見た目もシンプルなので、お皿代わりにそのまま食卓へ、なんていうことも。今回は、そんな琺瑯のバットを使ったレシピをご紹介します。

gourmet

トースターキャロット

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%99%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%bc%e7%84%bc%e3%81%8d

1年中出回っているにんじんですが、実は旬は今。人参本来の香りと甘さを存分に味わいましょう。葉付きにんじんを購入した場合は、葉に甘みを取られてしまうので、早めに切り落とし、新鮮なうちに調理しましょう。にんじんの葉は、天ぷらがおすすめです。
トースターキャロットはとってもかんたんなお料理ですが、色とりどりの人参を使えば、見た目も華やか。立派な1品になります。

〈材料〉

・にんじん(小) 3本
・オリーブオイル 大さじ2杯
・にんにく 1個
・塩 お好みで 
・(あれば)ローズマリー 1/2本(瓶のものならひとふり)

〈作り方〉

[1]にんじんは1.5cmの幅の輪切りにする。にんにくは、つぶす。
※にんじんの皮は調理すると黒くなります。気になるときは剥いてください
[2]琺瑯容器に[1]のにんじんとにんにくを並べ、その上にローズマリーを置く。最後にオリーブオイルを全体に回しかける。
[3][2]にアルミ箔をかぶせ、トースターで10分ほど加熱する。
※機種によって異なります。竹串等で刺して硬さを見て、焼き時間を追加してください。
[4]好みで塩をつけて食べる。
※まずは、塩をつけずに人参の甘さだけで食べてみてください。

ミルクチキン

%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%81%e3%82%ad%e3%83%b3

直火にかけられる、グリルに入れられるという琺瑯の特徴を生かし、オーブンで作るより早く仕上げることができます。琺瑯は取っ手がないので、必ず鍋つかみ等で手を保護してください。

〈材料/2~3人分〉

・鶏もも唐揚げ用 240g
・味噌 小さじ1杯強(軽く山盛り程度)
・みりん 小さじ1杯
・しめじ 1/2株
・たまねぎ 1/2個
・パプリカ 1/2個

[A]
・牛乳 300ml
・粉チーズ 大さじ3杯
・コンソメ顆粒 大さじ1/2杯

〈作り方〉

[1]鶏肉に味噌とみりんを揉み込み、1時間以上置く。
[2]しめじは石づきをとり、手で食べやすい大きさにさく。玉ねぎは、薄切りにする。パプリカは種を取り、千切りにする。
[3]琺瑯容器に[1]の鶏肉と[2]の野菜を乗せ、[A]をよく混ぜてかける。
[4][3]を火にかけ、中弱火で煮る。くつくつするのをしっかりと確認できたら、鶏肉を裏返し、さらに3分ほど煮る。(吹きこぼれ注意)
[5]グリルに入れ、中火で3分加熱する。

時短の味方。琺瑯製品♡

dsc_1378

今回使ったのは、日本製琺瑯の代名詞といっても過言ではない野田琺瑯のホワイトシリーズ、キャビネです(写真左)。レクタングル深型(写真右)はプリンやシチュー、ラザニアなどにおすすめ。作ったあと、付属のシール蓋をしそのまま保存できるので便利です。別売りで琺瑯の蓋もあるので、蓋をしたままの調理もお任せ(シール蓋は調理には使えません)。茶碗蒸しや煮物におすすめです。シール蓋は保存に、琺瑯蓋は調理にと、用途によって使い分けられるのもうれしいポイントです。沸騰も冷却も早いので、時短の味方。そんな琺瑯製品を活用してみませんか。