My It TIME / 朝の積み本消化で言葉の栄養をチャージ

忙しい日々のなかでも、たった1時間でいいから自分のためだけに使う時間がほしい。それが明日への活力になって、また頑張れるから。そんな働く女性のこだわり時間「It TIME」をのぞいてみましょう。

lifestyle

あなたのIt TIMEは?

shutterstock_524797687

どんなとき?

平日の朝。いつもより1時間だけ早く起きて、ゆっくり読書する時間をとっています。読書は好きなんですが、仕事のために読むという感覚なので休みの日にはあまりしたくないんですよね。

あえて、忙しくて疲れているときにこの時間をとって、頭をリセットさせるんです。

どんな場所で?

とくに場所は決めていません。家のソファで読むこともあるし、近所のカフェに出かけて読むときもあります。

どんな風に?

普段は効率重視で要点だけおさえるように速いスピードで読んでしまうんですが、このときは一文ずつゆっくり読むようにしています。言葉の栄養を脳に吸わせる感じ。

It TIMEのマイルール

ルール1:紙の本を読む

いつもは電子書籍をkindleで読むことが多いんですが、このときは必ず紙の本を読みます。地元の駅前に大きい本屋があるんですが、目についた本をつい買ってしまうクセ(?)があって……、家が積み本だらけなんです。

それに、ゆっくりじっくり読むなら紙の方が好きです。文字を追ったり、ページをめくったり、気になったところは書き込みをしたり、一文ずつ丁寧に消化しながら読める気がします。

ルール2:違うと思ったら別の本にうつる

目についた本を手当たり次第に買ってしまうので、読んでみたら好みじゃなかったとかハズレだったとかいうことがよくあります。せっかく気持ちのリセットのためにとっている時間なので、そういうときは無理に読み進めることはしません。

「なんか違う」と思ったらすぐ別の本にうつるようにしています。外で読むときはあらかじめ2、3冊持って出かけるんです。

ルール3:お供のコーヒーはマスト

平日の朝ということもあって、お供のコーヒーはマストですね。頭がすっきりするので、本から得た知識や言葉の栄養がぐんぐん頭にしみわたっていく気がします。

あなたにとってIt TIMEとは?

mit_3-b

Kindle派の私だからこそ、紙の本に触れる時間ってちょっと特別なんです。わざわざ朝早く起きるのも特別感があって気持ちいいですよ。この時間をとった日は仕事もうまくいく気がします!

<PROFILE>
M.Kさん

■年齢:30歳
■職業:外資系コンサル勤務
*ひとこと*
正直、仕事が忙しすぎて完全なオフってあんまりないんです。でもそれが性に合っているので、わざわざ休息をとるというよりは、普段の生活にうるおいを与える時間をとるのが大切かなと思います。