テイスト別で選ぶ!冬のオフィススタイル8選

寒くなると着る洋服が増えてしまいコーディネートが決まらない。そんなあなた、手持ちのアイテムのテイストはそろっていますか? コーディネートがうまく決まらない最大の要因は、洋服のテイストがバラバラなこと。そこで、自分の好きなテイストを知り、コーディネートの組み方を紹介します。

fashion

出典:WEAR

フリルが女の子らしい「ガーリーテイスト」

フリルや花柄、Aラインスカートなど、可愛らしいアイテムが多い場合は「ガーリーテイスト」がおすすめです。フィット&フレアのシルエットを意識し、シューズに丸みを帯びたアイテムを合わせることでまとまりが出ます。

出典:WEAR

大人の可愛さ「ガーリーテイスト」

フリルや花柄、Aラインスカートなど、可愛らしいアイテムが多い場合は「ガーリーテイスト」がおすすめです。フィット&フレアのシルエットを意識し、シューズに丸みを帯びたアイテムを合わせることでまとまりが出ます。

出典:WEAR

パンツでシックに「クールテイスト」

柔らかい色合いの服装が多く、女性らしいアイテムが多い場合は「フェミニンテイスト」がおすすめです。この場合は同系色でワントーンコーデにまとめるか、フレアスカート×パンプスなど、女性らしさを引き立たせてくれるアイテムを合わせることで、全体にまとまりが出ます。

出典:WEAR

男前ジャケットが今っぽい「クールテイスト」

柔らかい色合いの服装が多く、女性らしいアイテムが多い場合は「フェミニンテイスト」がおすすめです。この場合は同系色でワントーンコーデにまとめるか、フレアスカート×パンプスなど、女性らしさを引き立たせてくれるアイテムを合わせることで、全体にまとまりが出ます。

出典:WEAR

女性らしさ溢れる「フェミニンテイスト」

柔らかい色合いの服装が多く、女性らしいアイテムが多い場合は「フェミニンテイスト」がおすすめです。この場合は同系色でワントーンコーデにまとめるか、フレアスカート×パンプスなど、女性らしさを引き立たせてくれるアイテムを合わせることで、全体にまとまりが出ます。

出典:WEAR

淡い色合いが特徴的「フェミニンテイスト」

柔らかい色合いの服装が多く、女性らしいアイテムが多い場合は「フェミニンテイスト」がおすすめです。この場合は同系色でワントーンコーデにまとめるか、フレアスカート×パンプスなど、女性らしさを引き立たせてくれるアイテムを合わせることで、全体にまとまりが出ます。

出典:WEAR

フラットシューズで快適に「カジュアルテイスト」

ゆったりシルエットや動きやすいアイテムが多い場合は「カジュアルテイスト」がおすすめです。今季もトレンド継続中のオーバーサイズトップス×ゆったりボトムスを合わせたコーディネートなど、ボリューム感のあるアイテムをメインに合わせることで今年らしいシルエットを作ることができます。

出典:WEAR

ゆるっと感が馴染みやすい「カジュアルテイスト」

ゆったりシルエットや動きやすいアイテムが多い場合は「カジュアルテイスト」がおすすめです。今季もトレンド継続中のオーバーサイズトップス×ゆったりボトムスを合わせたコーディネートなど、ボリューム感のあるアイテムをメインに合わせることで今年らしいシルエットを作ることができます。

可愛らしいスタイルが好きなあなたは「ガーリーテイスト」

%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%bc2

出典:WEAR

フリルや花柄、Aラインスカートなど、可愛らしいアイテムが多い場合は「ガーリーテイスト」がおすすめです。フィット&フレアのシルエットを意識し、シューズに丸みを帯びたアイテムを合わせることでまとまりが出ます。

%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%bc1

出典:WEAR

かっこいいスタイルが好きなあなたは「クールテイスト」

%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%89

出典:WEAR

ジャケットやパンツなど、かっちりとしたアイテムが多く、青みを帯びた色合いのものが多い場合は「クールテイスト」がおすすめです。タイト&ワイドのメリハリのついたシルエットや、Iラインにまとめることでスタイリッシュに着こなすことができます。

%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%89

出典:WEAR

きれいめスタイルが好きなあなたは「フェミニンテイスト」

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%ab

出典:WEAR

柔らかい色合いの服装が多く、女性らしいアイテムが多い場合は「フェミニンテイスト」がおすすめです。この場合は同系色でワントーンコーデにまとめるか、フレアスカート×パンプスなど、女性らしさを引き立たせてくれるアイテムを合わせることで、全体にまとまりが出ます。

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%84

出典:WEAR

ラフなスタイルが好きなあなたは「カジュアルテイスト」

%e3%82%ab%e3%82%b8%e3%83%91%e3%83%b3

出典:WEAR

ゆったりシルエットや動きやすいアイテムが多い場合は「カジュアルテイスト」がおすすめです。今季もトレンド継続中のオーバーサイズトップス×ゆったりボトムスを合わせたコーディネートなど、ボリューム感のあるアイテムをメインに合わせることで今年らしいシルエットを作ることができます。

%e3%82%ab%e3%82%b8%e3%82%b9%e3%82%ab

出典:WEAR

自分の好みを知ることで、着こなし方が見えてくる

いかがでしたか? テイストごとにアイテムを組み合わせることで、コーディネートにまとまりが出ます。普段着こなしに悩んでいたアイテムもこれで解決! 12月は断捨離の季節です。一度、お手持ちの洋服を見なおしてみてはいかがですか?