1本で頬も唇も、ふんわり色づくADDICTIONのチークスティック #デパコス至上主義

ここ数年、プチプラコスメの流行が続いています。コスパを重視するのもいいけれど、あまり安いコスメばかり使っていると、安上がりな顔になってしまいそう……。大人の働く女性なら、やっぱりメインラインナップはデパートで売られているブランドコスメで揃えたいところ。「#デパコス至上主義」の連載では、3,000円以上するデパートコスメについて、実際の使用感などリアルな声を交えながら紹介していきます。

making-up

ふんわり血色チーク

今回紹介するのはADDICTION(アディクション)の「チークスティック」。リップスティックのような見た目のクリームタイプのチークです。頬にちょんちょんと乗せてなじませると、内側から上気しているような色合いに。さらに、リップカラーとしても使うことができます。唇に乗せると、マットな仕上がりに。

クリームタイプのチークは多くのブランドから発売されていますが、ADDICTIONの「チークスティック」はスティックタイプなので使いやすさが抜群。持ち歩きしやすいのもうれしいポイントなんです。

◎ 優秀ポイント
・ ぽっと上気したような頬に仕上がる
・ マットな質感のリップカラーとしても使える
・ スティックタイプだから使いやすい

リップスティックみたいなフォルム

%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%82%b3%e3%82%b9_3-a

「チークスティック」の一番の特徴はリップスティックのようなフォルム。くるくると繰り出して使うタイプのチークです。スティックタイプなので、塗る範囲や濃さが調整しやすく、思い通りの仕上がりに。

また、ポーチのなかで場所をとらず、フタがはずれても中身がむき出しになることがないので、持ち歩きに最適。クリームタイプのチークを持ち歩くと、フタがはずれてポーチのなかが汚れることがありますが、「チークスティック」にはその心配がありません。

塗ってなじませるとほんのり色づく

%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%82%b3%e3%82%b9_4-b

肌に乗せるとなめらかに溶けるやわらかめのテクスチャー。肌なじみもばっちりで、指でぽんぽんなじませると、内側から上気するような色づきになります。

%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%82%b3%e3%82%b9_4-c

発色がいいので、乗せるのは少しの量でOK。外側に広げるイメージでなじませていくので、塗る範囲も狭めにしておきます。

時短メイクにも使える

「チークスティック」はリップカラーとしても使えるので、急いでいるときの時短メイクにもぴったり。頬と唇にぽんぽんと乗せてなじませるだけで、チークとリップが一気に完成するんです。

同じ色を使うことで、統一感のある上品顔に仕上がるのもうれしいところ。

ADDICTIONのチークスティックは使いやすさも仕上がりも、ほかのどのクリームタイプのチークと比べても群を抜いています。チークはクリームタイプが好きという人には、ぜひ一度試してほしいアイテムです。

(文/近藤世菜)