疲れ、冷え、生理痛にも効果あり! 簡単に手に入るペットボトルを使って健康美人♡

日々どれだけ健康に気を使っていても、身体に不調が出てしまう時ってありますよね。病院に行くほどではないけれど体調がすぐれない、そんな時にみなさんは何か対処をされていますか? 私は以前はひどい肩こりや、重い生理痛に悩んでいた…

lifestyle

日々どれだけ健康に気を使っていても、身体に不調が出てしまう時ってありますよね。病院に行くほどではないけれど体調がすぐれない、そんな時にみなさんは何か対処をされていますか? 私は以前はひどい肩こりや、重い生理痛に悩んでいたのですが、ある方法を試したところ、これらの症状が改善されたり、軽減されました。それは、鍼灸師の若林 理砂さんの著書「安心のペットボトル温灸」で紹介されている手軽にお灸の効果が得られる一つのリフレッシュ方法です。自宅で簡単に短時間でできるという点もおすすめで、女性に嬉しいさまざまな効果を実感できました。

k_291680690

「なんとなく頭が痛い」
「パソコン作業で目が疲れてる」
「オフィスの冷房で身体が冷えちゃう」
「最近、疲れてるせいか月経不順気味」

今回は、そんな方にぜひ試してもらいたい、ペットボトル温灸をご紹介します。

 

ペットボトル温灸って?

k_92659876

ペットボトル温灸とは、専門の道具を用意しなくても、ペットボトルとお湯さえあれば手軽にお灸の効果が得られる一つのリフレッシュ方法です。温熱で、ツボを刺激して、血行を良くし、身体を温める事によって、人間が本来持っている自然治癒力や免疫力を高める、古来から伝わる治療法を手軽にできるようにしたものです。効果は、ツボの付近のお肌の温度を50度〜70度あたりに近づけることで得られます。この状態をお湯を入れたペットボトルをお肌に当てることで生み出すのがペットボトル温灸です。

 
 

ペットボトル温灸3ステップ

179882711

① ホット専用のペットボトル(300mlくらいの大きさのもの)を用意して80℃のお湯を入れます。※水100mlを入れてから沸騰したお湯200mlを入れるのが目安。先に水を入れてください。
② ツボの付近にペットボトルを押し当てます。
③ 「アツい!」と感じたら離して、また押し当てて、「アツい!」と感じたら離して、を繰り返します。目安は3~5秒の押し当てるを3~5回繰り返します。

この3ステップだけでお灸の効果を得ることができます! 火を使うとか、ツボにピンポイントで当てないと効果が得られないという事もありません。ペットボトル温灸の場合はツボの付近に当てれば大丈夫なので初心者でも簡単に効果を得られやすいんです。

 
 

ペットボトル温灸で効果を感じやすいツボ

304189724

特に私がやってみて効き目があったと感じたツボをご紹介します。この辺りのツボを意識してペットボトルの押し当てを繰り返すと効果が実感しやすいです。

疲労回復のツボ

215951170

最近ちょっと疲れやすいな、というときには以下の3つのツボにペットボトルを当ててみてください。なんとなく気持ちが良いと感じるツボ付近でも効果を感じられます。
① 関元(かんげん)  :おへそと恥骨結合の真ん中あたり
② 仙骨部(せんこつぶ):背中側の臀部中央あたり
③ 足三里(あしさんり):ひざのお皿の下の外側にあるくぼみの少し下あたり

冷房による冷えに効くツボ

345522437

夏に向けて気温が上がり、オフィスではガンガン冷房が効いてくる時期。頭痛や身体の冷えに悩まされる方も多いのではないでしょうか。そんな時にも効果バツグンのツボがこちらです。
① 中脘(ちゅうかん) :肋骨が合わさったところとおへその真ん中あたり
② 大椎(だいつい)  :首を前に倒して一番飛び出た骨の真下
③ 仙骨部(せんこつぶ):背中側の臀部中央あたり
④ 壇中(だんちゅう) :左右の胸の中間あたり

 
 

お手軽なペットボトル温灸でお灸の効果を

ちょっとした不調のあるときに、薬に頼るのではなくペットボトル温灸で改善できたら身体にも優しそうですね。ペットボトルとお湯だけで手軽にお灸の効果が得られるこの方法はとってもおすすめです。冷え、むくみ、月経不順など、なんだか体調がすぐれないなと感じる時は、ぜひ試してみてください。

 

<DATA>
■タイトル:安心のペットボトル温灸
■著者:若林 理砂
■出版社:夜間飛行(2014/4/15)