脚元で差をつける!デキる女の着こなしはタイツまで完璧

冬の必須アイテムと言えば、コート、マフラー、手袋など色々ありますが、特に働く女性が必ず身に着けているもの……それは「タイツ」です。この時期になると、黒のタイツを身に着ける方が多いと思います。しかし、合わせる服装によってカラーを変えるのがデキる女。そこでオフィスでもOKな、カラータイツの着こなし方を紹介します。

fashion

出典:WEAR

カーキスカート×チャコールグレータイツ

黒の場合、足下が重くなりがち……。しかしグレーに変えることで解消できます! 黒と同じく、どの色合いにも合わせやすく、オフィスでも浮かないのがグレーの特徴。特に、カーキやパステルカラーのボトムスとの相性が抜群です。

出典:WEAR

ブラックスカート×ネイビータイツ

ダークな色合いと相性が良く、オールブラックにネイビーのタイツで外すとこなれた印象に。また、グレーボトムスとも相性が良いので、黒タイツに飽きてきた方はネイビーに変えてみては?

出典:WEAR

マスタードイエロースカート×グリーンタイツ

カラフルでありながら落ち着きのある色合いが印象的なコーディネート。からし色と深緑は相性が良いので、派手になりすぎず着こなすことができます。

出典:WEAR

花柄スカート×ボルドータイツ

黒ベースの柄スカートは、ボルドーのタイツと相性抜群。少しロックテイストに着こなすことで、今年らしい印象に。真っ赤ではない大人の赤が、女性らしさを引き出しています。

ベーシックに着こなすなら「グレー」

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%adskx%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%84
出典:WEAR

黒の場合、足下が重くなりがち……。しかしグレーに変えることで解消できます! 黒と同じく、どの色合いにも合わせやすく、オフィスでも浮かないのがグレーの特徴。特に、カーキやパステルカラーのボトムスとの相性が抜群です。

%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%bcskx%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%84
出典:WEAR

少し色みを付けたいなら「ネイビー」

%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%94x%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%84
出典:WEAR

ダークな色合いと相性が良く、オールブラックにネイビーのタイツで外すとこなれた印象に。また、グレーボトムスとも相性が良いので、黒タイツに飽きてきた方はネイビーに変えてみては?

%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%84
出典:WEAR

カラフルにまとめたい方は……

マスタードイエロー×グリーンタイツ

%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%82%b7skx%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%84
出典:WEAR

カラフルでありながら落ち着きのある色合いが印象的なコーディネート。からし色と深緑は相性が良いので、派手になりすぎず着こなすことができます。

花柄×ボルドータイツ

%e8%8a%b1%e6%9f%84x%e3%83%9c%e3%83%ab%e3%83%89%e3%83%bc
出典:WEAR

黒ベースの柄スカートは、ボルドーのタイツと相性抜群。少しロックテイストに着こなすことで、今年らしい印象に。真っ赤ではない大人の赤が、女性らしさを引き出しています。

いかがでしたか? この冬は脚元からおしゃれを楽しんで、一歩進んだ大人の女性を目指しましょう!