冬の乾燥&職場のストレス解消に大活躍!おすすめアロマ活用法

冬は乾燥の季節。デスクワークをされている方だと特に乾燥が気になる季節ですよね。そこで今回は、オフィスでも心地よくお仕事するために「アロマ」の活用方法をご紹介いたします。アロマディフューザーを使う以外でも様々な活用ができますので、お気に入りのアロマを見つけて楽しんじゃいましょう!

beauty

shutterstock_339720416

冬は乾燥の季節。デスクワークをされている方だと特に乾燥が気になる季節ですよね。私も基本社内での作業が多いので、常に飲み物を飲みながら喉を潤し、ハンドクリームを塗って指先の乾燥を防いでいます。が! それでも足りない!! そこで今回は、オフィスでも心地よくお仕事するために「アロマ」の活用方法をご紹介いたします。アロマディフューザーを使う以外でも様々な活用ができますので、お気に入りのアロマを見つけて楽しんじゃいましょう!

◎ 用途別! アロマの選び方のポイント

アロマって種類がたくさんあってどうやって選んだらいいかわからないですよね。そんな方は以下を参考にしてみてください♪

・ストレスを和らげて副交感神経を刺激してくれるアロマ
shutterstock_471903992
会社ではストレスと背中合わせ……なんて方も多いのではないでしょうか? 実は森の中を歩くと、唾液中のストレスホルモンの数値が下がり、免疫力をアップさせてくれるなんてデータもあるんです。イライラしやすい職場環境にいる方は「ヒノキ」などのアロマがおすすめですよ。

・気分転換したい方におすすめのアロマ
shutterstock_311949503
外出や会議が多く、なかなか気分転換をしにくい方もいらっしゃると思います。そんな方には、柑橘系のアロマがおすすめ。「ゆず」「レモン」「オレンジ」などシングルのアロマはもちろん、最近ではブレンドされているアロマも発売されています。手軽に気分転換されたい方におすすめです。

・集中したい時におすすめのアロマ
shutterstock_370259327
「今日の夕方までに資料を作らなきゃ!」「あー請求書がたまってるー!」なんて時ありますよね。グッと集中力をアップさせたい時には、コアラがよく食べている「ユーカリ」がおすすめ。消毒や殺菌作用の強い成分も含まれているので、風邪ひきさんが多いオフィスなどでも活躍してくれるアロマです。

◎ ディフューザーだけじゃない! いろいろ使えるアロマ活用法

「アロマ」と聞くと真っ先に思い浮かぶのがディフューザー。安いものだと1500円前後で購入できるので、お手頃ですよね。

shutterstock_452400730

機材が多いオフィスや、デスクが小さくてちょっとディフューザーをおけない!という方もいらっしゃると思いますので、ディフューザー以外でもアロマの香りを楽しめる方法をお伝えします。

・ひのきアロマディッシュ
かわいい木の中央にあるくぼみにアロマオイルを2〜3滴たらしておくと、オイルが揮発しゆっくりと香りが漂います。
aromadish-mainphoto
出典: http://www.hacoa.net

オフィスの机の上でもあまりスペースを取らずに香りを楽しめるので、ほのかな香りを楽しみましょう。

・自作のアロマスプレーを作ろう
ちょっと難しそうに思うアロマスプレーですが、軟水のミネラルウォーター・無水エタノール・お好みのアロマオイルがあれば、簡単に作れちゃいます! 「無水エタノール」はお掃除や消毒に使え、一家に一本あるととっても便利! アロマスプレーはオフィスでの気分転換はもちろん、持ち歩いておけばトイレや車のにおい消しにもなるので、女子力がワンランクアップしますね! しかも自作なので、余計な成分が入っていないから安心。

【作り方】
・100円ショップにあるスプレー容器:30〜50mlくらいがおすすめ!
・軟水の水:20ml
・無水エタノール:10ml
・お好みのアロマオイル:お好みの量(10〜15滴程度)

作り方は、全てを容器に入れて振るだけ!
配合の割合は、軟水の水:エタノール=2:1で作りましょう。一度に大量に作るよりも、2~3日で使い切れる分で作ったほうがいいですよ。

・アロママッサージオイルをハンドクリーム代わりに
いきなりアロマオイルを使うのはちょっと……でも香りでストレスを解消したい! という方は、ハンドクリーム代わりにアロママッサージオイルを使ってみましょう。手に塗るだけで香りを楽しめますし、無印良品のマッサージオイルなら2000円程度と大変お買い得♪ このオイルは全身にも使えるので、持ち出し用に小分けにして、自宅ではお風呂上がりに使うなど幅広く活用できますよ。

◎ 何よりも好きな香りを選んでリラックスを

shutterstock_268332707

成分をベースに選ぶのももちろん良いですが、何よりも「自分が好きな香り」を使うのが一番! 色々と香りを試すこともできますので、アロマオイルを販売しているショップなどでお気に入りの香りを見つけて、気分に合わせて使い分けしてみてくださいね。