あなたは何タイプ?アーユルヴェーダから学ぶライフスタイル診断

「太りやすい」「疲れやすい」など、みんなそれぞれ体質については悩みが尽きぬものです。しかし、世に出回っている多くの健康法では万人をカバーできず、体質によっては効き目があるけれど合わないと逆効果になることもあります。そんな…

lifestyle

「太りやすい」「疲れやすい」など、みんなそれぞれ体質については悩みが尽きぬものです。しかし、世に出回っている多くの健康法では万人をカバーできず、体質によっては効き目があるけれど合わないと逆効果になることもあります。そんなとき、じぶんの体質・性格の傾向と、症状や悩みを引き起こしている原因さえ分かれば、適切な対処をすることができます。そこで、今回はインドの健康法「アーユルヴェーダ」の観点から、それぞれの体質に合った食事やライフスタイルについてお話ししていきます。

アーユルヴェーダとは?

shutterstock_337572110

アーユルヴェーダは世界3大医学の1つであり、インド・スリランカで生まれた約5000年以上の歴史を持つ世界最古の伝統医学です。サンスクリット語のAyur(生命・寿命)とVeda(科学・知識)を合わせたものが語源で、病気の予防、さらには健康の維持増進やアンチエイジングを目的としています。病気を患ってしまっている場合の治療についてはもちろんですが、そもそも病気になりにくい心身をつくる「予防医学」の側面を大切にしています。

アーユルヴェーダでは、身体を構成する生命エネルギーを3分類していてこれらを「ドーシャ」と呼んでいます。ドーシャの種類には 「ヴァータ(風の要素)」「ピッタ(火の要素)」「カファ(水の要素)」の3種類があります。全員が3種類すべてのドーシャをもっており、生まれたときのドーシャの割合によって個人の体質が決定します。生まれたときの状態と比べてどれかのドーシャが増えすぎてしまうことを「ドーシャがの乱れ」と言い、悪化すると病気につながります。それでは次に、それぞれのドーシャの特徴と、症状を緩和する食事やライフスタイルをご紹介します。

風の性質・ヴァータ

VATA

「空(くう、空洞)」「風」を意味するヴァータには、その名のとおり軽い、よく動く、冷たいなど風のような特徴があります。バタバタと慌しい生活を送る都会に住む現代人が増えやすいドーシャです。

○身体的な特徴
・細くて華奢、痩せ型
・肩幅は狭く、腰も細い
・極端に背が高い(ひょろっとしている)、あるいは低い
・体力がなく、疲れやすい
・食べても食べても吸収せず、肉が付きづらい
・不妊になりやすい
・乾燥肌・便秘などに悩まされる

○性格的な特徴
・好奇心が強く機敏で活発
・言動がすばやい
・新しいことや変化が大好き
・芸術などの才能、創造性に優れている
・物事に対する理解力は高く、記憶力も優れている
・気まぐれで飽きっぽい
・神経質な面が強く、緊張やストレスに対する耐性はあまりない
・神経系が弱く、自律神経が乱れやすかったりうつになりやすい
・不安感や恐怖心が強く、気疲れしやすい
・物忘れも多く、いつもバタバタしている

○積極的にとると良い食べ物
・熱を通した温かい、油気のあるもの
・甘味、酸味、塩味の多いもの
・鍋料理やスープ・シチュー料理
・ショウガ、コショウ、シナモン、ナツメグなどのスパイス
・肉(鳥肉)・魚、卵などの動物食品

○とりすぎない方が良い食べ物
・生野菜などの冷たい食べ物
・苦味、渋み、辛味の強いもの
・ドライフルーツ(一晩水につければOK)
・多量の豆類(豆腐は可)

○オススメのライフスタイル
・早寝早起きで規則正しい生活
・決まった時間にゆっくりと食事する
・暴飲暴食を避ける
・ヨガなどのゆったりしたスポーツ
・慌しくない時間に余裕のあるシゴト、生活
・定期的にしっかりと睡眠・休養をとる

火の性質・ピッタ

PITTA

「火」の要素をもつピッタは熱や鋭さなどの特徴をもっています。情熱や知性、チャレンジ精神に満ち溢れたエネルギッシュな性格の人に多いドーシャです。

○身体的な特徴
・中肉中背で、標準的な体型をしている場合が多い
・肌は温かく軟らかで、色つやもよい
・寒さに強く暑さには弱い、汗っかき
・消化がよく食欲旺盛
・皮膚が弱く、ニキビなどができやすい
・胃炎などの炎症系の疾患になりやすい
・夏に体調を崩したり、あせもや湿疹ができやすい

○性格的な特徴
・チャレンジ精神が旺盛で、リーダーシップがある
・物事を論理的かつ体系的にとらえる
・集中力が高く、記憶力もいい
・怒りっぽくて、すぐカッとなる
・完璧主義になりがちで、他者に対して非難・中傷をしがち
・見栄っ張りで、ブランド志向が強い

○積極的にとるといい食べ物
・甘味、苦味、渋味の強い冷たい食べ物
・生野菜や果物
・ブロッコリー、カリフラワー、アスパラガス、ナス、レンコン、緑黄色野菜など
・ブドウ、梨、桃、柿など、よく熟して甘味の多いもの
・コリアンダー、カルダモン、ターメリック、サフランなどの冷性のスパイス

○とりすぎない方がいい食べ物
・塩分の多い食べ物(醤油、味噌、塩などのとりすぎ)
・酸味、辛味の強い食べ物
・肉類、卵のとりすぎ
・揚げ物
・ゴマ油
・唐辛子、ニンニク、生タマネギなどの辛味や刺激の強い食品、また熱の属性のある食材や辛いスパイスなど

○オススメのライフスタイル
・涼しい場所で過ごし、あまり熱気がこもらないようにする
・闘争心を刺激するようなスポーツよりも、ダンスなど娯楽的に楽しめる運動をする
・シゴトしながらランチせず、頭をクールダウンさせる時間をつくる
・イライラするようなシチュエーションを避ける
・暴飲暴食に注意

水の性質・カファ

KAPHA

水」や「土」の性質をもつカファは冷たい、重い、筋肉・脂肪、穏やかなどの特徴をもっています。病気にもなりにくく、スタミナ満点でどっしりと安定したドーシャです。

○身体的な特徴
・一般的に体格がよく、肩幅・腰も大きい
・体力・持久力に優れており、重労働にも耐えられる
・色白で、肌質は冷たくしっとりしていて滑らか
・太りやすい体質で、運動不足から肥満になりがち
・代謝が悪く、むくみやすい

○性格的な特徴
・物静かで穏やか
・忍耐強く、慈愛に満ちており献身的
・言動はゆっくりしている
・物覚えは早くないが、一度覚えたものはなかなか忘れない
・物事をコツコツと辛抱強くやり通すことができるタイプ
・お金を貯めるのが上手
・保守的な面やあり融通がきかない
・意識しないと引きこもりがちになる
・表情に乏しく、傍から見て何を考えているのか分かりづらい

○積極的にとるといい食べ物
・あたたかく苦味、渋み、辛味の強いもの
・温野菜、サラダの場合はスパイスをかけたもの
・豆料理、豆腐、豆乳
・りんごなどの渋みがあってパサパサした軽めの果物
・ショウガ、レッドペッパー、胡椒、コリアンダー、フェヌグリークなどの体をあたため消化を促進するスパイス

○とりすぎない方がいい食べ物
・塩分の多い食べ物(醤油、味噌、塩など)。
・肉類、卵、揚げ物
・乳製品
・脂っこい食べ物
・バナナなどのねっとりして重たい食べ物
・甘味や酸味の強い果物、水分を多く含んだ果物
・炭水化物のとりすぎ

○オススメのライフスタイル
・引きこもったり単調な生活を避け、なるべく外に出て刺激を受ける
・積極的に人と接するよう意識する
・感情を意図的にわかりやすく表現するよう意識する
・マラソンなどの激しく体を動かすスポーツ
・適度に変化のある仕事(ハードでも問題なし)

あなたはどのタイプ?

あなたはどの特徴が強かったですか?上記のように人の体質にはそれぞれ違いがあり、同じ悩みでも原因によって対処法は異なります。じぶんに合ったモノを選択して、よりよいライフスタイルを目指していきましょう!