通勤美人の掟。満員電車の中でこそ美しくあれ

毎朝満員電車に乗って通勤……。狭いし暑いし疲れるし、ついつい気が緩みがちです。でも、そんな電車内での姿は意外と周りから見られているもの。いつ素敵な出会いが訪れてもいいように、今日から「通勤美人」はじめませんか? すぐに実…

lifestyle

毎朝満員電車に乗って通勤……。狭いし暑いし疲れるし、ついつい気が緩みがちです。でも、そんな電車内での姿は意外と周りから見られているもの。いつ素敵な出会いが訪れてもいいように、今日から「通勤美人」はじめませんか? すぐに実践できる、電車通勤で気をつけるべきポイントを紹介します。
 

猫背にならないように姿勢を正す


5special0101

つり革につかまっている姿勢が猫背だと、「だらしない」「疲れていそう」などマイナスな印象に。また猫背はポッコリお腹や骨格が歪む原因にもなるので、普段から特に意識したいところです。座っているときも同様で、背中を丸めてスマホに夢中になっている……なんてことがないように、しっかり姿勢を正しておきましょう。

 

清潔感をキープする工夫を


5special0102

夏の暑い日に走って電車に駆け込んだり、長い時間満員電車に揺られたりすると、汗をかきやすくなってしまいます。ベタベタな肌は見た目もニオイも周囲を不快にさせてしまうもの。電車内で汗をかいてしまったら、すぐに吸水性のいいハンカチやボディシートで拭くなど、清潔感をキープする工夫が大切です。

 

髪のうるおいキープは緊急命題


5special0103

実は、髪は意外と周りからよく見られているところのひとつ。手入れのされていない長い髪を振り乱す……なんてことをしていたら、通勤美人にはなれません。髪質に普段から気を使うのはもちろんのこと、出かける前にアイロンで毛先を整えたり、簡単なヘアアレンジをしたりと、ひと手間かけるのがポイントです。

 

荷物は少なめにして邪魔にならないように


5special0104

混みあう通勤電車の中で大きなバッグを肩にかけて立っていると、周りの人の邪魔になってしまうので、できるだけ荷物は小さくまとめておくといいでしょう。どうしても荷物が大きくなってしまう場合は上の棚を利用するか、足元に置くのがベスト。どんなに見た目が美くしくても、こういった気遣いができないとマイナスイメージを与えてしまうものです。

 

できるだけ眠らないこと


5special0105

朝早い出勤だと、どうしても電車で眠くなってしまうことがあります。でも、電車内でコクンコクンと何度も頭を揺らしていたり、横に座っている人に寄りかかったりしている様子は、あまり素敵とは言えないですよね。朝起きたらしっかり日の光をあびて身体と頭をシャキッとさせて、出勤の際に眠くならないよう工夫してみましょう。
 

通勤スタイルを見なおして身も心も美人に


5special0106

一歩外に出れば、いつどこで誰が自分のことを見ているかわからないもの。もしかしたら同じ車両に気になる同僚が乗っていた……なんてことがあるかもしれません。「通勤は手抜きモードでいいや」ではなく、「通勤だからこそ美しく」と考えることで、1日の始まりがきっと楽しくなるはず。自分の通勤スタイルを見なおして、周りの人が振り向くくらいの「通勤美人」を目指したいですね。

(文/chomy)