働く女性に読んでほしい! 現実逃避できる本3選

「読書する時間があれば寝たい!」なんて女性も多いかもしれませんが、本に没頭できると頭が空っぽになって、私の見解ですが「疲れた~」とそのままベットインするよりも本を読んだ方が翌朝スッキリ!なんてことも多いように思います。 そこで今回は、2016年に発売された本の中から「疲れて帰ってきても夢中になって読んでしまった」素敵な3冊の本をご紹介いたします。現実に疲れきっている働くあなたにぜひ読んで頂きたいです!

lifestyle

◎万物はBLで語ることができる!『俺たちのBL論』

5767616

私はこの本と出逢った2016年、世の中のあらゆる物事を「BLめがね」をかけてみるようになってしまったくらい影響を受けました。
BLことボーイズ・ラブ……もともとそのジャンルに興味はあったものの、何から手をつけたらいいのか、というか私は入り込んでもいいのか?なんて思っていた時に出逢いました。コンテンツ制作に関わっている方や、世の中に発信するようなお仕事をされている方には、共感できるところもすごく多い内容です。「BLは……」と思っている方にこそ読んで頂きたい一冊でございます!

<DATA>
俺たちのBL論

著者:サンキュータツオ、春日 太一
出版社:河出書房新社

◎ 「こうすれば良かったのか」が満載『会議でスマートに見せる100の方法』

3827679

「え~ビジネス書!?」と思った方、こちらビジネス書であって、ビジネス書ではありません。ビジネスをネタにした、使えるコメディ本だと私は思っています(笑)。
本書には、パワーポイントの資料に「どうとでも取れる単語を1つ載せる」とか、会議中「一旦冷静になろうと提案する」とか、「あるある!」と思いつつも、「なるほど」と思えることも多数掲載されています。実践するかしないかはあなた次第! 2017年は無駄に思えた会議も楽しくなっちゃうかもしれませんよ♪

<DATA>
会議でスマートに見せる100の方法

著者:サラ クーパー、ビジネスあるある研究会 (翻訳)
出版社:早川書房

◎ 31歳独身女と高校生が恋に落ちる……新感覚恋愛マンガ『恋のツキ』

73667782

2016年で一番の衝撃を受けたコミックでした。30歳を過ぎた私のような独身女性は、「恋愛」については半ばあきらめモードで、「結婚するかもわからない」、「今の彼とは付き合ってもう数年、お互い空気みたいな感じ」、「このままがいつまでも続いていけばいいのに」なんて思いながら日々を送っておりまして、そんな中で「恋」をするなんて想像すらしていません(笑)。
そんな時、ふと現れるめっちゃタイプな男子高校生……さてどうする!?なんてコミックです。私は、時間を忘れ、二度三度と読み返し「私ならどうするだろうか…」なんて考えちゃいました。仕事もいいけど、恋愛もね♪

<DATA>
恋のツキ
(1巻と2巻が出ています)
著者:新田 章
出版社:講談社、モーニングKC

22

2016年は本当に沢山の書籍に恵まれた一年だったと思います。読書管理サイトやアプリが豊富にあるので、自分にあったツールを使い、2017年からは読書も生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?
疲れた夜こそ本に癒されて眠りにつく……そんなちょっとの贅沢、楽しみを大切にしていきたいですね!