勝負の日は「出来る大人顔」に!いい印象を与えるメイクポイント4つ

人は最初の3秒で相手の印象を判断すると言われています。ビジネスの場でも、見た目の印象はとても重要。見た目の印象がすべてだとは言いませんが、頼もしい印象の人が上司だととても安心しませんか? 仕事を任せるなら、しっかりした印象の方に任せたいですよね。仕事にも関わってくる可能性が高い、見た目の印象。どうすれば「仕事が出来そう」など、いい印象を与える見た目になれるのでしょうか?

beauty

「仕事が出来そう」な人の理由

shutterstock_386560066

まわりの仕事が出来る女性を思い浮かべたとき、彼女たちの印象にはある共通点がある事に気付きました。

・聡明さがにじみ出ており、信頼感がある
・清潔感がある
・意志の強そうな雰囲気を持っている

もちろんそれぞれの個性はありますが、出来る女性にはこのような雰囲気を感じる人がとても多いのです。「そんな印象を与える自信はない……」なんて悲観することはありません。これらの印象は、誰にだってメイクで手に入れることが出来るのです!

「出来る大人顔」を作るポイント

では早速、働く女性は要チェックのメイクポイントを見ていきましょう!ポイントを実践するだけで、出来る大人顔が完成しますよ。

shutterstock_226355254

1.チークの位置をチェック。
ありがちなのが、黒目の下位置あたりに丸く入れる「おてもやん」チーク。学生の時からのメイクが変わっていない、という方に多く見られます。ビジネスの場では、どこか幼い印象に。

01 02
大人顔になるポイントは、頬の中心から頬骨に沿って、しっかり【斜め上】にぼかす事。丸顔の人はこめかみ方向に向かって、面長顔の人はこめかみより少し下の位置に向かってブラシを払うと、顔型のバランスがとりやすいです。
※髪の生え際までチークを入れてしまうと、顔が大きく見えます。こめかみから指2本分くらいは空けましょう。

2.リップの輪郭はしっかりと。
周りでも意外と多いのが、「リップブラシ(ペンシル)を使っていない」という人。口紅を直塗りでざっくり塗るのもラフな可愛さがあるけれど、働く女性であればリップブラシはマスト! 輪郭をブラシでとると、醸し出す「きちんと感」が違います。

03 04
勝負の時にはハッキリした綺麗色リップを。ハッとする存在感が手に入ります。

3.左右の眉頭を少し近づけて。
眉と眉の間を広めに開けたメイクは、柔らかくあどけない印象に。オフでは可愛いですが、ビジネスの場では少し頼りないという印象を与えかねません。そこで、仕事の時は眉頭の内側を少し描き足してみましょう。そうすると表情に深みと強さが出て、ぐっと【意志が強そう】な表情になります。

4.眉色をワントーン下げてみて。
鏡を見て、自分の眉色と髪色を比べてみてください。髪の毛より眉色の方が明るいという方は、そこからトーンを落として髪色と同じくらい・もしくは更に少し暗めの眉色にしてみましょう。【信頼感のある落ち着いた印象】を相手に与えます。眉色を暗くしても「海苔眉毛」にならないポイントは、眉の「たまり」部分を中心に暗い色を乗せる事です。
※たまり部分=黒目の上位置あたりの、毛が一番密集しているところ。

・上記3・4の眉メイクポイントをおさえたbefore・afterがこちら。
05 06
眉頭内側を左右それぞれ5ミリほど描き足しましょう。更に、よくある3色のアイブロウパレットの一番濃いブラウンをやや大胆に乗せました。

「出来る大人顔」メイクで良い印象を

shutterstock_332182442

いかがでしたか? 比較的童顔な私は、上記の方法をちょっぴり大げさに意識する位が丁度よい仕上がりになります。顔は人それぞれ。もとから骨格がしっかりしている方や大人っぽい顔の方などは、これらのメイク方法を試しながらも「これくらいが素敵に見える(この感覚が大切!)」の加減を探してみてくださいね。