【婚活サプリ】愛について、ちょっと、考えてみようか 〜 望月竜馬『I Love You の訳し方』 〜

アラサーの独身女性のなかには結婚に対して、迷いや葛藤を抱えている人が多いのではないでしょうか。結婚するための努力、いわゆる婚活に悩んだり疲れたりしたとき、自分を励ましてくれるのは友だちや家族だけではありません。恋愛や結婚をテーマにした本や映像のなかには「婚活サプリ」ともいえる作品があります。

lifestyle

無我夢中になって婚活に走る前に……

今回紹介する「婚活サプリ」は『I Love You の訳し方』。国内外の100人の作家が著した100通りの愛の言葉を集めた書籍です。

夏目漱石が「I Love You」を「月が綺麗ですね」と訳したというエピソードは有名ですが、愛の表現方法は十人十色。作家たちの珠玉の言葉に触れていると「愛してる」という感情の奥深さや美しさに、心が動かされる気がします。

婚活に必死になっていると「ところで、愛ってなんだっけ……?」と途方に暮れてしまうこともあるはず。無我夢中に邁進するのもいいですが、なんとか結婚にこぎつけたとしても、果たしてそれが本当の幸せといえるのか……。

『I Love You の訳し方』を読めば、少し立ち止まって「結婚とはなにか」、ひいては「愛とはなにか」について考え直すきっかけになるはず。

自分なりの「愛」のかたちを見つけよう

shutterstock_94064338

本書には、100人の作家が残した珠玉の愛の言葉がつまっています。その選定は編者である望月さんの独断によるものだそうですが、なんとも絶妙なチョイスなんです。

「こんな台詞言われてみたい!」という男性側の言葉も「この感じすごい共感する!」という女性側の言葉もあるので、いろいろな視点から楽しむことができる一冊です。

そして婚活をするうえでこの本が役に立つのは、「自分にとって愛とはいったい何か」考えてみるきっかけになるからです。

どんな言葉に共感し、憧れるのか。そこに自分なりの”愛の輪郭”がはっきりしてくるのではないでしょうか。

結婚に焦るあまり、自分を見失いかけている人にこそおすすめしたい婚活サプリです。

最後に本書の記念すべき最初の「I Love You」である大正のロマン詩人である竹久夢二の言葉で締めくくりたいと思います。

話したいことよりも何よりもただ逢うために逢いたい

竹久夢二『竹久夢二、恋の言葉』(河出書房新社)より

(『I Love You の訳し方』p.8より)

『I Love You の訳し方』
著者:望月竜馬
出版社:雷鳥社
購入はこちらから