冬のパンツは長さが大事!オフィスに最適なテーパードパンツのベスト肌見せとは?

オフィスで一年中活躍するテーパードパンツ。この時期になると気になるのは足下の肌見せです。夏には気にならなかったパンツの長さも、冬になるとトップが厚着で足下だけ薄着というバッドバランスに。そこでこの時期におすすめの肌見せベストバランスをご紹介します。

fashion

出典:WEAR

STYLE1

オフィスでも通勤時でもキレイな着こなしに見えるベストバランスは、ちょうどくるぶしに裾があたるくらいのパンツです。ヒールの高いパンプスでも合わせられる長さなので、シューズを選ばずに着こなすことができます。

出典:WEAR

STYLE2

甲の深いシューズを合わせて、肌見せ部分を小さくまとめる。パンツの長さに応じて、足下を変えるのがデキる女性のオフィスファッション。

出典:WEAR

STYLE3

パンツの長さが中途半端な場合は、タイツor靴下で肌を隠す。肌を見せるだけが良いとは限らないので、変に露出してしまう場合は隠しましょう。

BAD肌見せ

%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%89%e8%82%8c%e8%a6%8b%e3%81%9b

出典:WEAR

10cmほどくるぶしまで肌が見えている状態はこの時期NG。オフィス内では問題なく着こなせるアイテムでも、一歩外を出るとバッドバランスに。肌が見えすぎていて、パンプスを合わせても上手く決まりません。

ギリギリOK

%e4%b8%ad%e9%96%93%e8%82%8c%e8%a6%8b%e3%81%9b

出典:WEAR

冬にも合わせられるか否かの基準は、パンプスを履いた時のバランス。足の甲の肌見せも加味してパンツを選ぶ必要があります。ちょうどくるぶしから2〜3cm上に裾がくる長さだと冬でも着こなせるバランスになります。

BEST肌見せ

%e3%83%99%e3%82%b9%e3%83%88%e8%82%8c%e8%a6%8b%e3%81%9b

出典:WEAR

オフィスでも通勤時でもキレイな着こなしに見えるベストバランスは、ちょうどくるぶしに裾があたるくらいのパンツです。ヒールの高いパンプスでも合わせられる長さなので、シューズを選ばずに着こなすことができます。

短いパンツしか持っていない……そんな時は?

甲の深いシューズで対応

%e3%83%96%e3%83%bc%e3%83%84%e3%81%a7%e5%af%be%e5%bf%9c

出典:WEAR

タイツor靴下で対応

%e9%9d%b4%e4%b8%8b%e5%af%be%e5%bf%9c

出典:WEAR

いかがでしたか? 季節に合わせた着こなしは、オフィスできちんと感を演出するために必要なもの。ワードローブをチェックして、合わせ方の参考にしてみてください。