こだわり派のあなたへ。手作りウエディングペーパーで節約ができるんです

結婚式の費用は驚くほど高い、とはよく聞く話。ある程度覚悟はしていたものの、いざお見積もりを初めて見たときの衝撃は忘れられません。だからといって、ゲストにお出しする料理のランクは下げたくないし、ケーキカットだって外せない。…

lifestyle

結婚式の費用は驚くほど高い、とはよく聞く話。ある程度覚悟はしていたものの、いざお見積もりを初めて見たときの衝撃は忘れられません。だからといって、ゲストにお出しする料理のランクは下げたくないし、ケーキカットだって外せない。もちろんお色直しもしたい。なーんてあれこれ希望と夢をつめこんで…気が付けば予算オーバー。クオリティは下げずに1円でも安くならないか?と試行錯誤し、私が辿り着いた方法は、手作りウェディングペーパーでした。今回は、実際に私が実行したペーパー類の節約術をご紹介します。

 

手作りするペーパー類とは?

shutterstock_306893903

招待状をはじめ、席次表や席札など結婚式には様々なペーパー類が必要になります。1枚は500円としても人数分用意すると、ある程度金額が必要になります。70名招待した場合、全て500円として計算しても、約10万円もかかるんです!式場より提案されるペーパー類はかなり高額。しかし質も良く、目移りするほど可愛い商品が多いです。そこで、これらのペーパー類を手作りをして節約しよう!というのが私の実行した節約術です。

 

専門サイトを利用

shutterstock_407643964

インターネットで検索すると、式場の半額くらいで作成できる専門サイトが多数あります。サイトを利用すると、なんと式場の半額程度で作成可能。専門サイトなのでデザインの種類も豊富なんです。印刷まで対応してくれるので、時間をかけずに可愛い招待状や席次表を簡単に作ることができます。

 

さらに節約派のあなたには、1から手作りをオススメします

shutterstock_345790883

とことん節約したい!という方には、1からの手作りという選択肢もあります。さまざまなサンプルを参考にして、エクセルやワードを駆使して作成するのもよし。データを無料でダウンロード出来るサイトもありますよ。無料でダウンロードすれば、かかる費用は印刷用紙代とインク代、電気代あとはヤル気(笑)くらいです。時間と、ガッツのあるかたは、1から手作りするのもいい思い出になりますよ。

 

ゲストの肩書きやお名前ミスには、気をつけて

card2

自己で作成する際には、注意点があります。それはゲストの肩書きやお名前を間違えることです。これは大変失礼にあたります!なので、手作りをされる場合は、身内の方や式場のプランナーさんに確認してもらい、くれぐれも漢字ミスや間違いがないようにして下さいね!

 

理想の結婚式をかなえるために

手作りを楽しめる方は、工夫して節約しお金を掛けたいところに回して下さいね♡一生に一度の晴れ舞台。素敵な結婚式になりますように♡