シルエット重視でオフィスでも美しく。I・A・Yの作り方

雑誌で見かけるI・A・Yのラインとは、コーディネートを組む上で重要なシルエットです。しかし、良く分からないという声も……。そこで今回は、どのようにすれば3つのシルエットが完成するのか、簡単な着こなし術をご紹介します。

fashion

出典:WEAR

Iライン

Iラインを作るには、縦にまっすぐ伸びる線を意識してアイテムを合わせます。例えば、チェスターコートやオフィスでも活躍するタイトスカートなど、ストンと落ちたシルエットを合わせることでIラインが完成します。

出典:WEAR

Aライン

可愛らしい印象のAラインは、フィット&フレアを意識することでフェミニンなオフィススタイルに。例えば、タイトニット×フレアスカートやAラインのワンピースなど、トップスはフィットしたものでボトムスは裾広がりになっているものを合わせることで完成します。

出典:WEAR

Yライン

Yラインの特徴は、トップスがボリューミーでボトムスがタイトなこと。トレンドのオーバーシャツ×テーパードパンツの組み合わせや、ボリューム感のあるニット×スキニーなど、ボトムスにかけて細くなるシルエットを意識しましょう。少しメンズライクな印象のシルエットですが、キレイめアイテムを合わせることでオフィススタイルに。

Iラインの作り方

iay1

出典:WEAR

Iラインを作るには、縦にまっすぐ伸びる線を意識してアイテムを合わせます。例えば、チェスターコートやオフィスでも活躍するタイトスカートなど、ストンと落ちたシルエットを合わせることでIラインが完成します。

iay2

出典:WEAR

Aラインの作り方

iay3

出典:WEAR

可愛らしい印象のAラインは、フィット&フレアを意識することでフェミニンなオフィススタイルに。例えば、タイトニット×フレアスカートやAラインのワンピースなど、トップスはフィットしたものでボトムスは裾広がりになっているものを合わせることで完成します。

iay4

出典:WEAR

Yラインの作り方

iay5

出典:WEAR

Yラインの特徴は、トップスがボリューミーでボトムスがタイトなこと。トレンドのオーバーシャツ×テーパードパンツの組み合わせや、ボリューム感のあるニット×スキニーなど、ボトムスにかけて細くなるシルエットを意識しましょう。少しメンズライクな印象のシルエットですが、キレイめアイテムを合わせることでオフィススタイルに。

iay6

出典:WEAR

シルエットを意識するだけで、普段決まらなかったコーディネートも美しく着こなすことができます。何気なく合わせていたオフィスコーデをI・A・Yで美しくアップデートしませんか?