仕事の疲れはペットと癒そう!ワンコと泊まれる極上温泉宿【千葉編パート2】

今回は【千葉編パート1】でご紹介した極上温泉宿【Dogサバトリーのある宿ご・遊庭】と合わせて楽しめる観光スポットをご紹介させていただきます。

trip

せっかくなので海の生き物たちに会いに行く

【ご・遊庭】から徒歩で約5分程の所に、言わずと知れた観光地【鴨川シーワールド】があります。……が、残念ながらワンコの同伴はできません。

しかし【ご・遊庭】では、チェックイン前やチェックアウト後でもワンコを無料で一時預かりしてくれるサービスがあります。

せっかくなので、短時間で回れるようにあらかじめ観たいショーなどの時間を下調べしておきましょう。ワンコにはちょっぴりお留守番してもらって、海の生き物たちに会いに行くのもいいかもしれませんね。

もちろん鴨川シーワールドのすぐ脇にあるビーチでワンコと一緒にボール遊びしたり、のんびりお散歩するのもおすすめですよ♪

 

開放感抜群のマザー牧場でワンコも大喜び

【ご・遊庭】から車で約40分程の所に【マザー牧場】があります。

ワンコとの入園の際には【利用規約】への署名とワンコの入場料600円が必要になります。(2017年1月現在)手続きが済むと証明用のリボンが渡されるので、リードなどに結んで入場しましょう。

この広大な芝生を目にしただけで、ワンコのテンションは上がりまくりです。笑

動物がたくさんいる所なのでいろいろ気を遣わなきゃいけないだろうと思っていましたが、ワンコNGの場所にはちゃんと看板が立っているので逆に安心して楽しむことができました。(※看板がなくても、TPOに合わせて周りに迷惑をかけないように配慮しましょう。)

基本的に屋内の飲食施設や売店内にワンコを同伴することはできませんが、テラス席のあるレストランや野外の売店など、意外にたくさんの場所でワンコと一緒に食事をすることができます。(ワンコと食事ができる施設は【こちら】からご確認下さい。)筆者が訪れた時には、ドイツソーセージとウイスキーの野外イベントが行われており、開放感のある野外のテーブル席でおしゃれな雰囲気を満喫しました。

場内には広くてハードルなどのアジリティーがあるドッグランも完備されているので、元気いっぱいのワンコをノーリードで思う存分走らせてあげてくださいね。

マザー牧場の“山の上エリア”は見晴らしがとても良く、様々な植物や遠くまで連なる山々の景色を楽しむ事ができました。場内一周をのんびりハイキングしましたが、ワンコも楽しそうに好奇心全開で草花をクンクン♪ ワンコと一緒だと人気のショーが観れないなど多少の制約はありましたが、筆者的にはかなり大満足なマザー牧場でした。

 

いかがでしたか?
マザー牧場などの野外施設は、暖かくなると一般の観光客も増えるしワンコたちも熱中症になってしまう危険があります。その為、寒くて人気も少ないこの季節がワンコと温泉旅の絶好のシーズン。ぜひこの週末にワンコを連れてお出かけしてみては?

 

【ワンコ旅バックナンバー】
伊豆編パート1
伊豆編パート2
伊豆編パート3
伊豆編パート4
箱根編パート1
箱根編パート2
箱根編パート3