オフィスで活躍するニット・セーターのお手入れ方法3つのポイント

ニット・セーターはオフィスでも使える万能アイテムですよね。でもお手入れ方法を間違えると、毛玉だらけになったり型くずれしてしまったりすることも。そこで、正しいお手入れ方法についてチェックしてみましょう。

fashion

ニット・セーターは毛玉対策が大切

毛玉は主に、摩擦によって生じます。着用時から、できるだけ摩擦に気をつけるとともに、一度着たセーターは連続して着用せず、数日休ませてあげましょう。また同じ摩擦でも、ブラッシングはニット・セーターを長持ちさせる、良い方法のひとつ。強くこすらず、編地の目の方向にあわせて、優しくブラッシングしてあげましょう。

タンスの前に一旦ハンガーにかけよう

ニット・セーターのもうひとつの大敵は湿気です。湿気を多く含んだ状態で収納してしまうと、虫食いやカビの原因になることがあります。湿気をためないようにするには、タンスに収納する前に、ハンガーにかけておくのがおすすめ。でも、そのまま放置するのはNG。型崩れの原因になってしまいます。適度に干したあとは、タンスに収納しておきましょう。

ニット・セーターを長持ちさせる洗濯方法

手洗いになっているものは手洗いで、洗濯機が使用できるものは、温度やネット使用可否などを確認して洗うことを心がけると、ニット・セーターが大幅に長持ちします。色が濃いアイテムの場合、初回に色落ちしてしまうこともあります。心配なら内側の見えない部分などにドライマーク用洗剤をつけて、5分ほど置いてから白い布で押さえてみましょう。色が映るようであれば、単体で洗うことをおすすめします。

ニット・セーターは毛玉対策が大切

せっかくの素敵なニット・セーターも、毛玉ができてしまっては台無しですよね。まずは毛玉対策をしっかり行うように心がけましょう。

毛玉は主に、摩擦によって生じます。着用時から、できるだけ摩擦に気をつけるとともに、一度着たセーターは連続して着用せず、数日休ませてあげましょう。着る機会が多ければ多いほど、摩擦によって毛玉が生じる確率は高くなってしまいます。

また、同じ摩擦でも、ブラッシングはニット・セーターを長持ちさせる、良い方法のひとつ。強くこすらず、編地の目の方向にあわせて、優しくブラッシングしてあげましょう。

タンスの前に一旦ハンガーにかけよう

ニット・セーターのもうひとつの大敵は湿気です。湿気を多く含んだ状態で収納してしまうと、虫食いやカビの原因になることがあります。

湿気をためないようにするには、タンスに収納する前に、ハンガーにかけておくのがおすすめ。着用によってたまった湿気が逃げていきます。

でも、そのまま放置するのはNG。型崩れの原因になってしまいます。適度に干したあとは、タンスに収納しておきましょう。

ニット・セーターを長持ちさせる洗濯方法

ニット・セーターを洗うときは、服のタグについている洗濯絵表示を確認しましょう。手洗いになっているものは手洗いで、洗濯機が使用できるものは、温度やネット使用可否などを確認して洗うことを心がけると、ニット・セーターが大幅に長持ちします。

色が濃いアイテムの場合、初回に色落ちしてしまうこともあります。心配なら内側の見えない部分などにドライマーク用洗剤をつけて、5分ほど置いてから白い布で押さえてみましょう。色が映るようであれば、単体で洗うことをおすすめします。

お気に入りのニット・セーターを、できるだけ長く着るたいなら、それぞれのアイテムに合わせたお手入れ方法をきちんと確認するよう心がけましょう。