甘すぎないのにフェミニン!パステルカラーを取り入れた冬〜春のONSTYLE

パステルカラーを使ったコーデは、加減を間違えると甘くなりすぎてしまう点がネックです。フェミニンなのに甘すぎないオフィスコーデのコツとは? コーデ例とともにまとめてみました。

fashion

出典:WEAR

パステルなのに甘すぎない大人コーデ

パステルカラーを使ったオフィスコーデでは、柄よりもシルエットにこだわるのがおすすめ。袖が広がったスタイルのトップスや、ボディラインが控えめに出るセーターなどを活かして、大人の女性らしさをアップさせて。デコルテを少し広めに出すことで、顔周りの色の甘さを抑えることもできます。固めの社風で首回りを開けたくない場合は、ホワイト系のカーディガンやスカーフ等で、そっと色合いをオフしてあげると柔らかい印象になりますよ。

出典:WEAR

ピンク系アウターでフェミニンを演出

「職場にパステルカラーの服はちょっと恥ずかしい……」という人におすすめしたいのが、アウターを使ったフェミニンスタイル。重くなりがちな冬コートにパステルカラーを取り入れることで、甘すぎないファッションが楽しめます。インナーをモノトーンにしても可愛くまとまるので、アフター5のデートにもおすすめのテクニックです。

出典:WEAR

打ち合わせにも使える

パステルカラーはオフィスカジュアルにも打ち合わせにも使える優秀なカラーです。グレー系でまとめたファッションでも、無地のパステル系をひとつ混ぜることで柔らかい印象に。一見フォーマルなファッションの中にちょっとした隙を含ませることで、優しい大人の女性を演出できます。

パステルなのに甘すぎない大人コーデ

20161209104711782_500
出典: WEAR

パステルカラーを使ったオフィスコーデでは、柄よりもシルエットにこだわるのがおすすめ。袖が広がったスタイルのトップスや、ボディラインが控えめに出るセーターなどを活かして、大人の女性らしさをアップさせて。デコルテを少し広めに出すことで、顔周りの色の甘さを抑えることもできます。固めの社風で首回りを開けたくない場合は、ホワイト系のカーディガンやスカーフ等で、そっと色合いをオフしてあげると柔らかい印象になりますよ。

ピンク系アウターでフェミニンを演出

20161209104711782_500
出典: WEAR

「職場にパステルカラーの服はちょっと恥ずかしい……」という人におすすめしたいのが、アウターを使ったフェミニンスタイル。重くなりがちな冬コートにパステルカラーを取り入れることで、甘すぎないファッションが楽しめます。インナーをモノトーンにしても可愛くまとまるので、アフター5のデートにもおすすめのテクニックです。

打ち合わせにも使える

20161209104711782_500
出典: WEAR

パステルカラーはオフィスカジュアルにも打ち合わせにも使える優秀なカラーです。グレー系でまとめたファッションでも、無地のパステル系をひとつ混ぜることで柔らかい印象に。一見フォーマルなファッションの中にちょっとした隙を含ませることで、優しい大人の女性を演出できます。

いかがでしたか? 甘い色合いに大人要素をプラスすることで、甘すぎないコーデを作ることができます。「服のシルエットの美しさ」にこだわりながら、オフィスコーデにパステルカラーを取り入れてみてくださいね。