出社前の美肌習慣!自宅で常温で機械いらず、「豆乳ヨーグルト」がスゴい

通常のヨーグルトに含まれるよりも強い乳酸菌がとれる豆乳ヨーグルト。しかも誰でも自宅で簡単に作れることもあり、じわじわと流行の兆し。一度"種"ができると継ぎ足すだけで作り続けられるのも魅力です。

beauty

「ヨーグルト」といえば、牛乳を原料に作られるのが一般的ですが、実は豆乳からも美味しいヨーグルトが作れるんです。今回は管理栄養士の私が、自身でも実践している豆乳ヨーグルトの作り方とその効果を解説します。

豆乳ヨーグルトとは?

豆乳ヨーグルトは、豆乳を乳酸菌で発酵させたものです。原料は玄米と豆乳があれば簡単に作ることができます。風味は通常の牛乳を使うヨーグルトよりもあっさりした感じです。

砂糖や蜂蜜、ジャムなどを入れて食べても美味しいですし、黒蜜にきな粉など、和風の食べ方もよく合うので幅広い楽しみ方ができます。

豆乳ヨーグルトの乳酸菌は、胃酸に負けないのだ!

一口に”乳酸菌”といっても
・牛乳などの動物性の食品に繁殖する”動物性乳酸菌”と
・味噌やぬか漬けなどの植物性の食品に繁殖する”植物性乳酸菌”の2種類があります。

“乳酸菌”というと牛乳のイメージですが、実は野菜やお米の表面にも乳酸菌がいるんです。この植物性の乳酸菌のほうが胃酸などに負けず、生きて腸に届く確率が高いことがわかっています。植物性乳酸菌をとると、しっかり腸で働いてくれます。加熱もしない自家製の豆乳ヨーグルトには、この生きた植物性乳酸菌がたっぷり入ってるんです。

元気な腸は、美肌への近道


「肌は内臓の鏡」と言われます。肌が荒れていたりする時は、腸の中も荒れている状態。逆に、腸の中が綺麗になれば肌も綺麗になります。美容は身体の内側から作れるのです。乳酸菌をとると腸の中で善玉菌として働いてくれ、これによって腸内環境が良くなり美容効果が期待できます。さらに、豆乳にはイソフラボンという女性ホルモンの働きを補う栄養素も入っているので女性特有のお悩み解消にも役立ってくれますよ。

材料2つ!豆乳ヨーグルトの簡単レシピ

簡単にできる豆乳ヨーグルトの作り方をご紹介します。
【材料】
・玄米……スプーン一杯
・豆乳……必要なだけ

【作り方】


[1]玄米を水で3回ほどすすいで容器に入れる。


[2]玄米がつかるぐらいの豆乳を入れる。
[3]全体を混ぜ、アルミホイルなどでフタをする。日光が当たらない場所で室温に置く。
[4]時々様子を見ながら、固まるのを待つ(冬場だとだいたい1日半ほど)。


[5]固まったら、前回加えた量と同じ量の豆乳を加えて全体をさっくり混ぜる。フタをしてまた放置する。


[6]今度はもっと短い時間で固まる。これまでに入れた豆乳と同じ量の豆乳を再度継ぎ足し、混ぜる。


[7]さらに短い時間で固まる。これで種が完成。


[8]ビンなどに種を移し、そこに豆乳を継ぎ足して全体を混ぜる。約半日で固まります。底の方に残った玄米は残しながら食べていく。作りたての頃は味が安定しないかもしれませんが、継ぎ足してどんどん作っていくとさらに美味しくなってきます。

これを続けると、豆乳さえあれば無限大に豆乳ヨーグルトが作れます。種をずっと放置してしまうとダメになってしまうので、できれば毎日の朝の習慣に豆乳ヨーグルトを食べて豆乳を継ぎ足すということを加えましょう。もしダメになってしまってもまたすぐに作れます。
今回は玄米での作り方を紹介しましたが、他にも古代米やアボカドの種など、乳酸菌がいるものであれば何でも作ることができます。しかも使うものによって味も変化するのでおもしろいです。

菌はとても気まぐれ。いろいろな要因によってうまくいったりいかなかったりするので、失敗してもめげずに挑戦してみてください。市販もされているので衛生面が気になになる方は、まず市販のものを試してみると良いでしょう。