愛くるしい姿に心奪われる♡別名“うさぎ島”の大久野島でうさぎさん達に癒される旅

別名“うさぎ島”と呼ばれる、うさぎだらけの島があることをご存知でしょうか? 広島県にある大久野島には、なんと700匹以上のうさぎさん達がモフモフと暮らしています。どんな島なのか、さっそくご紹介します!

trip

“うさぎ島”こと大久野島へ行くには?

shutterstock_427005022

“うさぎ島”こと大久野島は、瀬戸内海に浮かぶ小さな島です。広さは東京ドーム約15個分、人口は20人前後で、人よりうさぎが多い状態がもう何年も続いているとか。
大久野島へ行くには、まず電車や飛行機で広島県竹原市にある忠海(ただのうみ)港を目指します。そこから大三島フェリーか休暇村客船に乗り、[大久野島]で下船すれば、そこは夢の“うさぎ島”! 
大三島フェリーは朝~夕方まで、1日7往復もしています。

 

なぜ大久野島にはうさぎがたくさん住んでいるの?

shutterstock_89434342

いろいろな説がありますが、最も有力なのは「地元の小学校で飼われていたうさぎ8匹が島に放たれ、徐々に数を増やしていった」という説です。2013年の調査で、島には700匹以上のうさぎが住んでいるといわれています。耳の垂れ方や体毛の色が違っても、これらは全て「アナウサギ」という同じ種類の野生のうさぎで、地面に巣穴を掘って暮らしているそうです。

 

“うさぎ島”には旅行で訪れ、宿泊することもできる!

shutterstock_216282424

大久野島は島全体が国立の休暇村となっているため、アクセス方法が整っている上に宿泊がしやすく、旅行者にとっても優しい島です。大久野島の宿泊プランにも、うさぎと戯れるための長時間ステイプラン等が紹介されています。「大久野島に宿泊したい!」「うさぎ達とたくさんモフモフしたい!」という方は、ぜひ検索してみてください。

 

島での注意点~うさぎ達と仲良く接するために~

shutterstock_422488693

いくらかわいくても、大久野島に住んでいるうさぎは野生のうさぎです。基本的に、エサをあげると駆け寄ってきて、触ろうとすると逃げるツンデレさんがほとんど。これを念頭に、以下のことに注意しましょう。

■無理に抱っこしようとしない…無理やり掴まえたり抱っこしたりすると、うさぎが怪我をしたり、骨が折れてしまい、野生で生きていけなくなります。
■鼻先に指を持っていかない…食べ物と勘違いされて、噛まれることがあります。
■パンやお菓子をあげない…葉物野菜やニンジン、牧草、島で売られているペレットをあげてください。

 
 

“うさぎ島”と呼ばれる前は“毒ガス島”と呼ばれていた

大久野島では、太平洋戦争時には化学兵器、特に毒ガスが作られており、戦後は残された毒ガスが、GHQや日本政府により処理されたという歴史があります。現在も廃墟となった貯蔵庫などが残っているほか、新たに大久野島毒ガス資料館が建てられ、歴史を風化させない努力が行われています。建築物としても美しいので、一度訪れてみたいですね。

 
 

同時に瀬戸内観光も楽しめる!

shutterstock_355485806

大久野島と合わせて観光するなら、呉や尾道、しまなみ海道がおすすめです。
旧海軍や軍艦について知りたいなら呉、坂のある街並みを歩いたり美味しいラーメンを楽しみたいなら尾道がおすすめ。しまなみ海道をサイクリングすれば、気持ちいい海風に当たることができ気分爽快です! 

 
 

おわりに

いかがでしたか? 行けば700匹のうさぎがあなたを待っている“うさぎ島”。仕事に疲れたとき、モフモフとしたうさぎ達に癒されたいとき、とにかく気分転換したいとき…世界に類を見ない癒しを求めて、訪れてみてはいかがでしょうか。

 

<DATA>
「休暇村 大久野島」公式サイト