こっそりキレイに♡オフィスでできる美容習慣4つ

1日仕事をして、帰宅してから美容に割ける時間は限られているもの。それならいっそのこと、仕事をしながらできる美容法を試してみてはいかがでしょう。エステ講師の筆者が「オフィスでできる美容習慣」をご紹介したいと思います。

beauty

“座り方”を変えるだけで美ボディに

仕事に集中しているとつい、姿勢のことを忘れがち。猫背になったり、脚を投げ出していたり……。楽な姿勢は見た目にもだらしがなく、美容にとってもいい習慣とはいえません。でも、ちょっと座り方を変えるだけで、バストアップ、ウエストの引き締めにも効果があるんです。
その座り方は、“座骨を立てる”座り方。

洋式トイレに腰かけるようにお尻を突き出して座り、そのまま上半身をまっすぐ立てるだけで座骨を立てて座ることができます。実は腹筋が使われるのでちょっとキツイかもしれませんが、見た目にもキレイな美姿勢です。更に膝下を閉じれば仕事中も適度に筋肉が使われ、ボディラインが変わっていきますよ。

ランチは“食前の飲み物”でこっそりダイエット

楽しみなランチの時間。同僚と食べたり、話題のお店に行ったり、ランチ時間までストイックにダイエットをするのはちょっと気が引けてしまいます。そんな人におススメなのが、食事の30分前に水を飲む方法。


食前に水を飲むことで膨満感が得られ、食べ過ぎを防ぐことができます。
注意したいのが、食事中・食後は消化液が薄まってしまうため、食前でないといけない点です。
また、食前の野菜ジュースも“ベジタブルファースト”と同じ、血糖値が上がりにくくなって体に脂肪がつきにくい効果が得られます。ただし、市販の野菜ジュースを買う場合は、原材料を要チェック。砂糖や塩が添加されていないものを選びましょう。

仕事中は“お茶”をこまめに補給

欠かせない水分補給は、キレイになれるお茶がおすすめ。ミランダ・カーも緑茶を愛飲しているんだとか。美容に良いといわれるお茶は数多くありますが、おススメのお茶をいくつかご紹介します。
ルイボスティー・・・不足しがちなミネラルが豊富。むくみに効くお茶です
ハトムギ茶・・・ハトムギは薬膳ではイボとりで使われ、肌荒れに◎ 美肌をつくるお茶です
ローズヒップティー・・・ビタミンCが豊富で、美白を目指す人にぴったりです
ハーブのブレンドティーや、ドラッグストアでもブレンド茶が手に入ります。お家で煮出してお洒落なタンブラーに入れていけば、美容にもプラスだし経済的ですよ。

階段を使って“むくみ”を防止

仕事をする女性の悩みのひとつが“脚のむくみ”。様々な要因が重なっていますが、同じ姿勢でいる時間が長いことで、末端に血液やリンパ液、老廃物が溜まりやすくなることも原因です。そのため、脚をむくみづらくするためには、ふくらはぎの筋肉を動かし、ふくらはぎのポンプ機能で下から上へ押し戻すことが有効です。1時間に1回はトイレ休憩などで立って歩くなどのほか、階段は段差があるため、ふくらはぎのポンプがより使われる絶好の機会。


なるべく階段を使うようにすると、脚のむくみ対策になります。
仕事に集中しつつ、オフィスでもキレイになれる習慣の参考にしてくださいね。