この時期のメイクの大敵・花粉!働く女性はどうやってメイク崩れを防いでいる?

花粉が飛び始めたこの時期。花粉症に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。花粉症は、目がかゆくなって、くしゃみと鼻水がつらい……。でも、働く女性はそれだけが花粉症の悩みではないんです!

making-up

せっかくきれいにメイクしたのに、鼻をかんだり目をこすったらぐちゃぐちゃになった……という経験をした女性も多いのでは? 花粉が舞うこの時期、どんな失敗をして、それを教訓にどんな対策をしているのでしょうか。

花粉はメイクの大敵?花粉シーズンはメイクが崩れやすい

女性の約9割が、花粉シーズンはメイクが崩れやすいと感じています。花粉症の症状が、メイクの仕上がりやモチに影響すると考えているようです。確かに、メイクをする際に、くしゃみを何度も繰り返していたり、目がかゆくて涙が流れてメイクがうまくできない……という経験をした方も多いのではないでしょうか?

一番メイクが崩れるポイントは、マスクで隠せないアイメイク

最もメイクが崩れやすく感じるポイントとして、多くあがった意見が「アイメイク」。花粉シーズンに、目元のメイクが崩れた経験がある女性は約6割と多くの方が経験しているようです。花粉の影響で涙が出て、アイシャドウが崩れてパンダ目になったり、アイラインが消えてなくなった、という意見も。また、目がかゆくて目の周りを触ってしまい、マスカラが取れて汚れてしまった……と、花粉シーズンにアイメイクをキープすることがどれだけ難しいかわかりますね。

花粉シーズンに目の周りの症状を訪ねると、かゆみでつい目元をこすってしまう人が約8割とほとんどの女性が行ってしまう行動。また、よく涙目になる女性が約7割とこちらも多いですね。花粉症の症状には、アイメイクを台無しにする要因があることがわかります。

また、花粉症シーズンにマスクをする方も多いですが、目元はマスクでは隠せません。そのため、アイメイク崩れが特に気になったり、花粉対策がしにくいと感じる女性が多いのかもしれませんね。

花粉に負けない! アイメイク崩れ対策

アイメイク崩れを防ぐために、花粉シーズンはメイク法を工夫している方もいらっしゃいました。落ちても目立たない透明マスカラを使用したり、伊達眼鏡を利用して花粉対策兼おしゃれのワンポイントといったように、自分に合う対策を行っているようです。

また、具体的に使用しているアイテムとして多くあげられたのが「目薬」。約7割近くの女性が使用し、花粉シーズンには欠かせないアイテムとなっています。他にも、飲み薬や食品(ヨーグルトなど)、空気清浄機、カップ型洗眼剤があげられました。自分にあう対策アイテムを見つけてみましょう!

花粉に負けないで、春メイクを楽しむ

花粉シーズンは、花粉症の症状でただでさえ辛いのに、その上メイクまで崩れてしまったら、モチベーションが下がってしまいますよね。でも、多くの女性も花粉症の症状やメイク崩れと戦っています。自分に合った、花粉症やメイク崩れ対策を見つけて、春メイクを楽しんでください。

【参考】
花粉シーズンは「メイクが崩れやすくなる」、86%が回答 マスクではごまかせない…危険ゾーンNo.1は、「アイメイク」周辺!? 花粉症女性の『残念目元』問題を大調査!-参天製薬株式会社