私のエッセイ~いつまでも輝き続ける女性であるために。第二の人生へのチャレンジ

夢を持つこと、あるいはなりたい自分、こうありたい姿を見出すことはとても重要なことだと思う。さらにそれらを実現させるために行動することはもっと重要。なぜなら、生きるモチベーションが格段に上がるから。

lifestyle

妊娠を機に仕事を辞め、今に至るまでの3年半、私は専業主婦として育児を主に生活してきました。家族が増えるたびに幸せや喜びを感じてきたけれど、よく耳にする社会から取り残された感覚は常に感じていました。今思い返せばこの3年半、仕事が上手くいっている人、着実にステップアップしていく人を羨んでばかりでした。周りの人たちは私にないものを持っていると。

こうありたい、こういう女性でありたいという理想はあるけれど、私には育児しかないと知らず知らずのうちに自信を無くし、社会復帰なんて夢の話だと思うようになっていました。そんな中、意表を突いたように舞い込んできた元の職場への復帰話。私でよければと快諾しました。
様々な事情から、雇用形態は当面在宅のパート。けれど、私にとってはこれまでモノクロだった未来がものすごく色鮮やかになったような感覚でした。そこから私のやる気とモチベーションは格段に上がり、これから何もかも上手くいく、私の道は一気に切り開けるという自身が湧き上がってきました。

夢は叶えるもの、願うだけのものじゃない

私の夢、個人的にはそれなりにスケールの大きいものだと思っています。
セレクトショップのオーナーになること、それに伴って世界中を駆け巡ること、ハワイに移住すること、プチ富豪になること(富豪とまで欲は出しません。富豪の定義は完全に自己満足の世界です。)。人前でこんな事を言うと、笑って簡単に流されてしまうでしょう。もとい数ヶ月前まで私自身、夢物語だと思っていました。ですが、その夢物語を片っ端から叶えてやろうというのが私の第二の人生でのプラン。

周りには理解されづらいと思いますが、私の中では既に夢に一歩近づいた感覚があります。そう思える一番の理由は、在宅とはいえ社会復帰できること。やり方の構築やタイミングは重要だけど、会社という組織に属することで個人レベルではすぐに獲得しづらい信頼や実績、縦横の繋がりは目の前にある。それらを最大限に活かして夢を大きく前進させる絶好のチャンスだと捉えているからです。
反面、組織に属するからこそぶち当たる壁や妨げになるものが生じることも事実ではありますが、自分自身のやる気と誠意を貫けばクリアできると考えています。
どうしてそんなことが言い切れるのと聞かれれば、だって夢は願うだけじゃおもしろくない、叶えることに意義があるからと答えます。

できることからこつこつと、そうすれば自然と夢は叶う

前述したように、社会復帰の話は私の心を一気に解放させるものでした。
開放感に満たされた末に私が辿り着いた考えは、とにかくできることはひたすらやってみる、夢や理想を妨げている一つ一つの壁をクリアにしていけば自然と夢は叶うというもの。これまでのように、何もせずああだったらいいな、こうだったらいいなと思うだけはただの怠慢でしかなかったと実感しました。

セレクトショップの立ち上げは、オンラインショップであれば準備を整えればいつでも始めることができます。前職でオンラインショップの運営責任者として従事していたからノウハウも持っています。まずは大枠の構築から入って、細かい部分の詰めは運営と並行でも十分間に合う。時期尚早とか、それにはお金が必要とか、できない理由を羅列していてはいつまでもできないまま。本当に時期尚早かはやってみないと分からないし、お金が必要ならどうすれば工面できるかを考える方がよっぽど賢明だと思うのです。やってみないと分からない事、気づけない事が往々にしてあると休職期間中に学びました。年も明けたので、今年はオンラインショップの立ち上げを目標に始動する試みでいます。仮に上手くいかなかったとして、周りにやめておけばよかったのにとため息をつかれてもやってみての学びはそこにたくさんあると信じているので私は突き進みます。
そう、できることから一つ一つこつこつと。

煌めく人生か、どんよりした人生か。その分かれ道は自分の選択次第


29年生きた時、表情や発言でその人の充実度がよく分かると痛感した。思い返せば20代の頃、いつも悲しそうな表情してるよねとよく言われていました。何故なんだろうと当時は疑問だったけれど、公私ともに充実など実感したことがなかったのだから当然だったなと今なら理解できるんです。

ゲッターズ飯田さんをご存じでしょうか。
主人の勧めでLINEの友達に追加して、一日二回メッセージを受け取っています。その内容は、当たり前と言えば当たり前、だけど日常でなかなか意識しづらい事が送られてくるのです。
本当にそうだなと納得するものもあれば、耳が痛くなるものまで。例えば、「ポジティブな精神にならなくていい。ポジティブな言葉を言い続ければいいだけ。自然とポジティブになってくる。」「自分の得しか考えない人ほど運気の沈みは激しくなるもの。思いやりのある人は運気の沈みは少なくなるもの。」「運気のいい人の多くが持っているもの。行動力、視野を広げる力、なんでもおもしろがる力、楽しむ力」などです。
確かに、私の周りにいる人だけを見ても生き生きと楽しそうにしている人、多くの人を呼び寄せる人はこれらが自然とできているように思います。だったら私自身もその一員に加わるしかない。第二の人生を楽しむ!と決めています。年齢を重ねるごとにどんどんグレードアップして、私の人生最高だな!と、いつかそう実感する日を迎えてみせます。